露の五郎兵衛(2代)(読み)つゆの ごろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「露の五郎兵衛(2代)」の解説

露の五郎兵衛(2代) つゆの-ごろべえ

1932-2009 昭和後期-平成時代の落語家。
昭和7年3月5日生まれ。昭和22年2代桂春団治に入門して春坊を名のる。35年2代桂小春団治,43年2代乃五郎を襲名,62年「露乃」を「露の」にあらためる。艶笑種,怪談噺を得意とし,仁輪加(にわか)の普及・保存にもつとめる。平成6年上方落語協会会長。17年2代露の五郎兵衛を襲名。平成21年3月30日死去。77歳。死後の24年上方演芸の殿堂入り。京都出身。本名は明田川一郎。著作に「上方落語夜話」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android