コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露出症 ろしゅつしょうexhibitionism

翻訳|exhibitionism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

露出症
ろしゅつしょう
exhibitionism

性倒錯一種。自分の身体,特に性器公共の場所で他人に見せて性的快感を得ようとする傾向

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろしゅつ‐しょう〔‐シヤウ〕【露出症】

自己の性器などを異性に見せることによって性的快感を得る性的倒錯露出障害

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

露出症【ろしゅつしょう】

行為に関する異常性欲の一種。自分の裸体や性器を異性の前で露出することによって性的快感を得るが,それ以上の性的行為はみられないもの。アルコール依存症精神発達遅滞などにみられることがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろしゅつしょう【露出症 exhibitionism】

異常性欲,性的倒錯の一種。自分の裸体,とくに性器などを,不特定の公衆に見せることによって性的な興奮や満足を得るもの。路上,電車内など,異性の面前で性器を露出して,相手に困惑・羞恥の念を起こさせる場合と,ストリーキングのように,全裸で街路,公園などを走り回るような場合とがある。精神遅滞者,老人などが,性的不満の代償として行う場合と,精神病,酩酊などによって道徳的抑制が解除されてしまった場合もあるが,特異な強迫的心理によるケースが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろしゅつしょう【露出症】

性行動の異常の一。異性に自分の裸体・性器などを露出して見せ、その反応を見て快感を覚える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の露出症の言及

【性倒錯】より

…自分自身の肉体を性対象とするオートエロティズム(ナルシシズム),自分と同性を対象とする同性愛,性的に未熟な幼児を対象とする幼児性愛(ペドフィリアpedophilia),老人を対象とする老人性愛(ジェロントフィリアgerontophilia),死体を対象とする屍体性愛(ネクロフィリアnecrophilia),動物(獣,鳥など)を対象とする動物性愛(ゾーフィリアzoophilia,これにもとづく行為が獣姦=ソドミーsodomy),フェティッシュと呼ばれる物品や肉体の一部を性愛の対象とするフェティシズム,親子・同胞と交わる近親相姦など。一方,性目標の異常としては,露出症,窃視症(voyeurism,いわゆる〈のぞき〉),サディズムマゾヒズム,異性装症ないし服装倒錯(トランスベスティズムtransvestism)などがあげられてきた。異性との性器交接を正常の性交と考えると,これらの行為はいずれも,それによって得られる以上の性的興奮,快感,満足を,これらの性対象や性行為から獲得しようと試みるものとされてきた。…

※「露出症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

露出症の関連キーワード性行動自己

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android