コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音声器官 オンセイキカン

3件 の用語解説(音声器官の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おんせい‐きかん〔‐キクワン〕【音声器官】

人間が音声を発する際に活用する器官。気管喉頭(こうとう)咽頭(いんとう)声帯鼻腔口腔や、舌・歯・唇など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おんせいきかん【音声器官】

音声を発するのに必要な器官。横隔膜・肺臓・胸筋・気管支・気管・喉頭こうとう・咽頭いんとう・声帯・口腔こうこう・鼻腔・舌・歯・唇などが含まれる。発音器官。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音声器官
おんせいきかん

声を出し、ことばを話すための器官。喉頭(こうとう)、舌、唇、下顎(かがく)、口蓋帆(こうがいはん)(軟口蓋)などがそれに関与している。ただし、これらの器官は、音声の生成ばかりでなく、呼吸、嚥下(えんげ)、そしゃくなどにも関与しているのが特徴である。
 声を出すときには、喉頭にある声帯が左右から近接して、肺からの呼気流によって振動し、結果的に呼気流が断続されて音を生じる。思春期に男性の声帯は前後方向に著しく発達するため、男性の声は女性より約1オクターブ低い。喉頭より上方にある器官の働きによって、発音される音の性質はさらに変化して、外界に出ていく。具体的には、喉頭で生じた音に共鳴の性質を与えたり、あるいはさらに別の音源を加えたりすることによって、ことばの音の性質が決定される。たとえば舌は、これを構成している筋肉の活動によって形や位置を変え、共鳴腔の形を調節したり、気流に伴う摩擦音や、閉鎖音の性質を与えたりする。また口蓋帆は、鼻腔(びくう)への連絡の開閉に働いて、鼻音性を調節する。唇や下顎は、共鳴管の開口部の大きさの調節に働き、さらに舌の場合と同じように共鳴腔に狭めや閉鎖をつくって、摩擦音や閉鎖音のような子音成分の生成に関与する。これらの器官の協調運動によって、記号としてのことばの情報が、連続的な音信号となって外界に出される。なおヒト以外の動物では、音声による記号情報の伝達は困難であると考えられている。[廣瀬 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音声器官の関連キーワード音声音声学調音感覚器官唇音化相同器官端を発する調音体聴覚器官ディセンダー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

音声器官の関連情報