コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四阿山 あずまやさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四阿山
あずまやさん

群馬県長野県の境にある円錐火山吾妻山ともいう。標高 2354m。浅間山白根山の中間にあり,山容が屋根の形をしているのがこの名の由来。山頂にはに向かう上州祠と,西に向かう信州祠の2祠の境界神がまつられている。南西麓には高原別荘地菅平があり,南東麓の嬬恋村には広大な高原キャベツの畑地がある。南麓鳥居峠には,信州と上州を結ぶ古い交通路 (旧信濃路支道) が通っている。上信越高原国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あずまや‐さん〔あづまや‐〕【四阿山】

群馬県吾妻(あがつま)郡と長野県須坂市上田市との境にある円錐状火山。標高2354メートル。西麓に菅平(すがだいら)がある。吾妻山(あがつまやま)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

四阿山【あずまやさん】

群馬・長野県境に位置する火山。最高点はカルデラの外輪山の一部で,標高2354m。第三紀層,石英セン緑岩類の基盤に安山岩の外輪山と中央火口丘がある。裾野(すその)が広く,標高1000m以上でも米作や高冷地性のキャベツ栽培が行われる。
→関連項目鳥居峠(群馬・長野)日本百名山

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あずまやさん【四阿山】

吾妻山とも書く。長野・群馬両県の境にあり,更新世に活動した四阿火山の主峰の一つ。標高2333m。上信越高原国立公園に属する美しい山で,北に接する根子(弥固)岳とともに,一つの火山体をつくっている。山頂カルデラの底に露出する岩石は著しく変質作用を受け,硫黄鉱床がある。北東斜面は急なカルデラの壁となっているのに対し,南西斜面は緩やかな高原で菅平高原と呼ばれる。その大部分は広大な牧場で,夏季には牛が放牧されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県(長野県)〕四阿山(あずまやさん)


群馬・長野県境に位置する成層火山。標高2354m。山頂北側は直径約3.5kmの大爆裂火口をなす。深田久弥(ふかだきゅうや)「日本百名山」の一つ。南西麓(なんせいろく)に菅平(すがだいら)高原が広がる。吾妻(あがつま)山とも。上信越(じょうしんえつ)高原国立公園に属す。山頂から南に延びる稜線上に天然記念物の的(まと)岩がある。近世初頭以来、信州(しんしゅう)上田(うえだ)地方の水源涵養(かんよう)林として保護されてきた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四阿山
あずまやさん

群馬・長野県境にそびえるコニーデ型の火山。吾妻山(あがつまやま)ともいう。標高2354メートル。山容が屋根の形に似ているのでこの名が出たという。見通しがきくので、山頂に二祠(し)の境界神が祀(まつ)ってあり、東に向かう上州祠と、西に向かう信州祠との中央の南北の方向が上信の国境になっている。山体はおもに安山岩で、裾野(すその)が広く、南東山麓(さんろく)は嬬恋(つまごい)村のキャベツ栽培地の一部、西麓は信州菅平(すがだいら)の高原野菜栽培地、南麓に鳥居峠(とりいとうげ)がある。また南に続く山稜(さんりょう)には国の天然記念物の的岩(まといわ)がある。鳥居峠から徒歩3時間。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

四阿山の関連キーワード峰の原高原クロスカントリーコース鳥居峠(群馬・長野県境)百名山(日本百名山)鳥居峠(群馬・長野)真田

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android