頓馬・頓間(読み)とんま

精選版 日本国語大辞典「頓馬・頓間」の解説

とん‐ま【頓馬・頓間】

〘名〙
① (形動) 愚かであること。まぬけであること。また、そのさまや、その人。とんちき。ばか。
歌謡・改正哇袖鏡(1859)卯月八日は「なんのこったへ いきもとんまもむしのせい」
② しくじり。失敗
西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一二「今度の失錯(トンマ)には、若干の金も費せしことなれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android