コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚か オロカ

デジタル大辞泉の解説

おろ‐か【愚か】

[形動][文][ナリ]《「疎か」と同語源》
頭の働きが鈍いさま。考えが足りないさま。「彼の言葉を愚かにも信じてしまう」
ばかげているさま。「戦争など愚かなことだ」
未熟なさま。
「この芸に―なるを見て」〈徒然・一九三〉
[派生]おろかさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おろか【愚か】

( 形動 ) [文] ナリ 
〔「おろか(疎)」と同源〕
頭の働きがにぶいさま。考えが足りないさま。 「 -な子ほどかわいい」
ばかげているさま。 「 -なことを言うな」
未熟である。劣っている。 「かしこき人の、この芸には-なるを見て/徒然 193
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愚かの関連キーワード夫婦喧嘩は犬も食わない頭隠して尻隠さず痴れ人・癡れ人阿呆の足下使い年甲斐もない失笑を買う虚仮も一心阿呆・阿房釈迦に説法痴れ・癡れ虚仮の一心愚痴の闇愚問愚答痴れ人愚か者日の下馬鹿者小馬鹿笑い話阿呆面

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愚かの関連情報