コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べらぼう ベラボウ

1件 の用語解説(べらぼうの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べら‐ぼう〔‐バウ〕

[名・形動]
程度がひどいこと。はなはだしいこと。また、そのさま。「今日はべらぼうに寒い」「べらぼうな値上がり」
普通では考えられないようなばかげていること。また、そのさま。「そんなべらぼうな要求はのめない」
人をののしっていう語。たわけ。ばか。「何をぬかすか、このべらぼうが」
[補説]語源は、寛文(1661~1673)末年ごろ、見世物で評判になった、全身真っ黒で頭はとがり、目は赤く丸く、あごが猿のような奇人「便乱坊(べらんぼう)」「可坊(べくぼう)」からという。「篦棒」は当て字

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べらぼうの関連キーワード軽度凄い低俗手酷い抜群酷い無茶劣悪凄惨

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

べらぼうの関連情報