安本丹(読み)アンポンタン

大辞林 第三版の解説

あんぽんたん【安本丹】

愚か者。あほう。ばか。多く、人をののしっていう語。 「この、-め」 「釣する馬鹿を羨ましさうに見物して釣れますかなどゝ無駄口聞く-どのや/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あんぽん‐たん【安本丹】

〘名〙
① おろか者をいう。薬の名になぞらえた語。
浄瑠璃奥州安達原(1762)四「汝(おのれ)がほんのあんぽん丹、付けう薬のない」
② 魚「かさご(笠子)」の異名。寛政(一七八九‐一八〇一)の末頃、江戸市中に出盛ったが、まずかったのでいう。また、「かさご」を売る人。
雑俳柳多留‐四〇(1807)「馬鹿も海あんぽんたんも海で出来」
③ らくがんの一種。南京豆(なんきんまめ)の殻のような形で、軽く、口の中ですぐ溶ける。かさはあるが、中味が少ないところからいう。
※蛍(1944)〈織田作之助〉「おちりが京塵紙、あんぽんたんが菓子の名」
[語誌]本来上方語とされるが、宝暦(一七五一‐一七六四)末から江戸でも流行した。語源には諸説があるが、一説にアホウから生じたアホタラ、アホ太郎を、「反魂丹」「万金丹」などの薬名になぞらえたものといわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android