コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭首 トウシュ

大辞林 第三版の解説

ちょうしゅ【頭首】

〘仏〙 禅宗寺院で住持の下位にあって、寺院の運営を分担する僧の役職。法堂はつとうで右側に並ぶ知事に対して、左側に並ぶ。 → 知事

とうしゅ【頭首】

ある集団・組織などのかしらに立つ人。 → ちょうしゅ(頭首)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頭首の関連キーワード主・修・取・守・手・朱・株・殊・狩・珠・種・繻・腫・衆・趣・酒・須・首メッサーシュミット愛知県豊田市水源町チェナーブ[川]大和(佐賀県)エマンシピスト大野(愛知県)旧花園頭首工十文字[町]グスタフ2世新 規矩男川本[町]服部 長七ソラーリオ多布施川菊池平野ラービ川土地改良豊川用水モーガン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭首の関連情報