題目踊(読み)だいもくおどり

精選版 日本国語大辞典「題目踊」の解説

だいもく‐おどり ‥をどり【題目踊】

〘名〙 陰暦七月一六日の夜、団扇(うちわ)・扇を手に、太鼓・大鼓・拍子木などに合わせて「南無妙法蓮華経」を節をつけて唱えながら円陣を作って行なう踊り。京都市左京区涌泉寺のものが有名。《季・秋》
※俳諧・鷹筑波(1638)五「妙なふりするは題目(ダイモク)おどり哉〈定主〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「題目踊」の解説

題目踊
だいもくおどり

念仏踊一種。『法華経』の題目である南無妙法蓮華経に節をつけて唱え,太鼓をたたきながら踊るのでこの名があり,京都市左京区松ヶ崎町の湧泉寺で8月 15,16日に男女が踊るものが古来名高い。千葉の小湊には題目を数え歌に織込んだ題目踊がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「題目踊」の解説

題目踊【だいもくおどり】

民俗芸能。念仏踊の一種。法華経の題目を唱えて踊る。京都市の涌泉寺に伝わるものが名高い。8月15〜16日に行われ,男女ともに団扇を持ち,大太鼓(おおだいこ)の拍子につれて法華経の功徳をたたえて踊る。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「題目踊」の解説

だいもくおどり【題目踊】

民俗芸能。法華宗(日蓮宗)による一種の念仏踊(踊念仏)で,南無妙法蓮華経の題目を唱えながら踊る。京都市左京区松ヶ崎涌泉寺や京都府向日(むこう)市鶏冠井(かいで)などで行われている。涌泉寺では1306年(徳治1)実眼僧都の法筵(ほうえん)に始まると伝え,盆踊として8月15日・16日《題目七遍がえし》《一念随喜》などが踊られている。男が〈ほーほー南無妙〉というと,女が〈ほーおー蓮華経〉と歌う。鶏冠井では5月3日の石塔寺花祭に蓮華踊などを踊る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android