コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

題目踊 だいもくおどり

4件 の用語解説(題目踊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

題目踊
だいもくおどり

念仏踊の一種。『法華経』の題目である南無妙法蓮華経に節をつけて唱え,太鼓をたたきながら踊るのでこの名があり,京都市左京区松ヶ崎町の湧泉寺で8月 15,16日に男女が踊るものが古来名高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいもく‐おどり〔‐をどり〕【題目踊(り)】

民俗芸能の一。太鼓などに合わせて法華経の題目を唱えながら踊る集団舞踊。京都市左京区涌泉寺ほか数か所に伝わる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

題目踊【だいもくおどり】

民俗芸能。念仏踊の一種。法華経の題目を唱えて踊る。京都市の涌泉寺に伝わるものが名高い。8月15〜16日に行われ,男女ともに団扇を持ち,大太鼓(おおだいこ)の拍子につれて法華経の功徳をたたえて踊る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいもくおどり【題目踊】

民俗芸能。法華宗(日蓮宗)徒による一種の念仏踊(踊念仏)で,南無妙法蓮華経の題目を唱えながら踊る。京都市左京区松ヶ崎涌泉寺や京都府向日(むこう)市鶏冠井(かいで)などで行われている。涌泉寺では1306年(徳治1)実眼僧都の盆の法筵(ほうえん)に始まると伝え,盆踊として8月15日・16日《題目七遍がえし》《一念随喜》などが踊られている。男が〈ほーほー南無妙〉というと,女が〈ほーおー蓮華経〉と歌う。鶏冠井では5月3日の石塔寺花祭に蓮華踊などを踊る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

題目踊の関連キーワード日蓮宗顕本法華宗勝劣派法華本化本妙法華宗本門法華宗民俗芸能・民俗藝能本成寺派日蓮法華宗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

題目踊の関連情報