額田 六福(読み)ヌカダ ロップク

  • 額田 六福 (ぬかだ ろっぷく)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の劇作家



生年
明治23(1890)年10月2日

没年
昭和23(1948)年12月21日

出生地
岡山県勝田郡勝間田町

学歴〔年〕
早稲田大学英文科〔大正9年〕卒

経歴
17歳の時右手首を手術で失ない、また脊椎カリエスを病み、その静養中に劇作を志し、大正5年上京し岡本綺堂門下生となる。同年「新演芸」の歌舞伎座用脚本の募集に応じ「出陣」が1等に入選。11年「冬木心中」「真如」を発表、それぞれ市村座、帝劇で上演され、以後劇作家として活躍。歌舞伎・新派新国劇の脚本を多く手がけ、翻案劇「白野弁十郎」は新国劇の当たり狂言となる。昭和5年より戯曲誌「舞台」を主宰。作品には映画化されたものも多い。「額田六福戯曲集」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1890年10月2日
大正時代;昭和時代の劇作家
1948年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android