史思明(読み)ししめい(英語表記)Shi Si-ming; Shih Ssǔ-ming

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

史思明
ししめい
Shi Si-ming; Shih Ssǔ-ming

[生]?
[没]上元2(761)
中国,唐中期に起った安史の乱指導者の一人。安禄山と郷里が同じで,ともに6種の言語を理解し,幽州節度使張守珪に仕えて戦功を立て,禄山反乱を起すと,行動をともにした。禄山が子の安慶緒に殺されると,一時側に降下したが,乾元1 (758) 年,粛宗が彼を殺そうとはかったため,また反旗を翻し,安慶緒を殺して反乱側の総帥となり,大燕皇帝を称した。しかし末子の史朝清を溺愛して妾腹の子の史朝義を除こうとしたため,その恨みを買い,やがて殺害された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

史思明【ししめい】

中国,唐代の逆臣。安史の乱の指導者の一人。営州(遼寧省)出身のソグド系武将。若いころから安禄山と親しく,その反乱に従ったが,安禄山の子慶緒が父を殺した後,慶緒とあわず唐に降(くだ)った。しかし粛宗が彼を除こうとするや,再びそむき,慶緒を殺して大燕皇帝と称したが,後嗣問題で子の史朝義に扼殺(やくさつ)された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ししめい【史思明】

?~761) 安史の乱の指導者の一人。安禄山の反乱軍の武将。のち禄山の子の安慶緒を殺して大燕皇帝を称したが、子の史朝義に殺された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

史思明
ししめい
(?―761)

中国、唐の安史(あんし)の乱の指導者の一人。安禄山(あんろくざん)と郷里が同じで営州(遼寧(りょうねい)省朝陽市付近)の突厥(とっけつ)系雑胡(ざっこ)の出身で、初名は(そっかん)といい、思明の名はのちに玄宗から賜った。6種の蕃語(ばんご)を解し、安禄山とともに互市郎となり、幽州節度使張守珪(ちょうしゅけい)に仕え戦功をたて、752年禄山の上奏によって平盧(へいろ)軍節度都知兵馬使となり、755年禄山反乱後は行動をともにし、禄山が子の慶緒(けいしょ)に殺されると一時唐側に降ったが、粛宗が彼を殺そうとしたので758年ふたたび反して洛陽(らくよう)を陥れ、大聖燕王(えんおう)と称し、慶緒を殺してその軍をあわせ、大燕(だいえん)皇帝と称した。しかし末子の史朝清を溺愛(できあい)し、妾腹(しょうふく)の子史朝義を除こうとしたため逆に朝義に殺された。[菊池英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の史思明の言及

【安史の乱】より

…中国,代中期,安禄山,史思明(?‐761)らによって起こされた反乱。9年におよぶ大乱で,中国社会の様相が大きく変化する契機となった。…

【貨幣】より

…通宝・重宝に元号等を冠する様式はその後,清末まで継承されることになる。なお,安史の乱の際,史思明は得壱元宝,順天元宝を発行したが,以後,王朝に反旗を翻して自立するものや異民族で対立王朝を開くものなども,その元号を冠した銅銭を発行するようになった。また唐の中葉以後,遠距離の商取引などに為替手形(飛銭)が用いられるようになった。…

※「史思明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android