其方(読み)ソチ

  • ×其▽方
  • そちら
  • そっち
  • そなた
  • そのかた
  • そのほう ‥ハウ

デジタル大辞泉の解説

[代]
中称の指示代名詞。そちら。そっち。
「御膳(ごぜん)を―へこしらえよ」〈露伴五重塔
二人称の人代名詞。下位の者に対して用いる。おまえ。なんじ。
「―の事ぢゃが、何事を言ふぞ」〈虎明狂・張蛸
[代]
中称の指示代名詞。
㋐聞き手に近い方向をさす。「其方は遠回りですよ」
㋑聞き手のいる、またはその方向にある場所をさす。「私のほうから其方に伺います」「其方はもう暖かくなりましたか」
㋒聞き手の近くにある物をさす。「其方はお買い得ですよ」
二人称の人代名詞。聞き手自身、また聞き手の側をさす。「其方の意見を聞かせてください」
三人称の人代名詞。聞き手のすぐそばにいる人をさす。同等以上の人に用いる。その人。「其方を私に紹介してください」
[補説]「そっち」よりも丁寧な言い方。
[代]《「そち」の促音添加》中称の指示代名詞。「そちら」よりもややくだけた感じの語。「いま其方へ行くから待っててくれ」「悪いのは其方だ」→そちら
[代]
中称の指示代名詞話し手から遠い場所・方向などを示す。そちら。そっち。
「少女は―を注視して」〈二葉亭訳・あひゞき
二人称の人代名詞。おまえ。
「―は夏中何をして暮されしや」〈渡部温訳・伊蘇普物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘代名〙
① 他称。相手側のいる方向をさし示す(中称)。そっち。そちら。
※万葉(8C後)二・一九九「引き放つ 箭の繁けく 大雪の 乱れて来れ(一云)霰なす 曾知(ソチ)より来れば」
※史記抄(1477)一三「御内は、そちからにげさしめ、我はこちからにげふと云て」
② 対称。中世以降使用された語で、①の転用。多く下位の相手に用い、主として武士・男性が用いた。「そなた」より敬意が低い。
※史記抄(1477)一四「そちがもったる方書を、すっと棄て」
〘代名〙
① 他称。
(イ) 相手側の方向・場所や、二つ以上の事物のうち相手側に近い事物をさし示す(中称)。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕
※狂言記・丼礑(1660)「なぜに又そちらへ行かしゃったぞ」
(ロ) 相手側の、もしくは相手の近くにいる他人をさし示す(中称)。
② 対称。下位の相手をさす。おまえたち。また、おまえ。
※史記抄(1477)一七「そちらが知らうず事ではないぞ」
〘代名〙 (「そち(其方)」の変化した語)
① 他称。
(イ) 相手側の方角をさし示す(中称)。
※杜詩続翠抄(1439頃)五「此先薤がそっちに多と聞たり」
(ロ) 二つ以上の事物のうち相手側に近い事物をさし示す(中称)。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)初「そっちじゃあねへ。コウ姉さんそっちのをみせな」
② 対称。対等もしくは対等以下の相手をさし示す。
※洒落本・妓者呼子鳥(1777)三「コレそっちのはなしばかりせずと、ちっとこっちへも、はなしをまはしてくれろ」
〘代名〙
① 他称。相手側に近い方向や、話題にのぼった方向をさし示す(中称)。そちら。
※多武峰少将物語(10C中)「常にさはがしうおはしますらむにとぶらはせ給ふを喜びてぞ、そなたにも参らまほしきを」
※源氏(1001‐14頃)鈴虫「北の御障子も取りはなちて、御簾かけたり。そなたに人々はいれ給」
② 対称。下位の相手、もしくは対等の相手に用いる。「こなた」より相手を低く遇し、「そち」よりは待遇価値が高い。
※発心集(1216頃か)八「そなたには興福寺へいませ、我は〈略〉東大寺へまからんと云て」
[語誌]②は、中世では丁寧な言い方で、同等あるいは目下の者に対して親愛とごく軽い敬意を表わしたが、近世では敬意を失い、対等もしくは目下に対して用いられた。
[1] 〘連語〙 その方面。そちら側。
※源氏(1001‐14頃)胡蝶「内の大殿の君だちは、この君に引かれて、よろづに気色ばみわびありくを、その方のあはれにはあらで、下に心苦しう」
[2] 〘名〙 それ以後。
※大唐西域記長寛元年点(1163)一「茲(こ)れ自り厥後(ソノカタ)、時政虞多し」
[3] 〘代名〙
① 対称。同等以上の相手をさしていう。あなた。→そのほう①。
※御伽草子・岩竹(古典文庫所収)(室町末)上「そのかたの姫ぎみを、きさきにまいらせとのちょくしなり」
② 他称。相手側の、またはすぐ前に話題になった人物をさし示す(中称)。「そのひと」をさらに敬意をもって呼ぶとき用いる語。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「其かたの様に御化粧をすれば金田さんの倍位美しくなるでせう」
〘代名〙
① 対称。対等もしくは下位の相手に対し武士・僧侶などが用いる。町人が用いるときは荘重な表現となる。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)九「我死て後位を其の方に伝んと云也」
② 他称。相手側に近い方向をさし示す(中称)。そっち。
※古活字本毛詩抄(17C前)一六「其の方の人が内でめされよ。こなたへ来てをかれ事はいやで候」
③ 他称。相手側の物事、もしくは相手に近い物をさし示す。また、二つあるうちの相手に近い物をさし示す。
※風流線(1903‐04)〈泉鏡花〉四八「其の方がおもしろい〈略〉唯、あんな雲だといって了へば其ッ切です」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android