コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

其方 ソチ

デジタル大辞泉の解説

そ‐ち【×方】

[代]
中称の指示代名詞。そちら。そっち。
「御膳(ごぜん)を―へこしらえよ」〈露伴五重塔
二人称の人代名詞。下位の者に対して用いる。おまえ。なんじ。
「―の事ぢゃが、何事を言ふぞ」〈虎明狂・張蛸〉

そち‐ら【×方】

[代]
中称の指示代名詞。
㋐聞き手に近い方向をさす。「其方は遠回りですよ」
㋑聞き手のいる、またはその方向にある場所をさす。「私のほうから其方に伺います」「其方はもう暖かくなりましたか」
㋒聞き手の近くにある物をさす。「其方はお買い得ですよ」
二人称の人代名詞。聞き手自身、また聞き手の側をさす。「其方の意見を聞かせてください」
三人称の人代名詞。聞き手のすぐそばにいる人をさす。同等以上の人に用いる。その人。「其方を私に紹介してください」
[補説]「そっち」よりも丁寧な言い

そっ‐ち【×方】

[代]《「そち」の促音添加》中称の指示代名詞。「そちら」よりもややくだけた感じの語。「いま其方へ行くから待っててくれ」「悪いのは其方だ」→そちら

そ‐な‐た【×方】

[代]
中称の指示代名詞。話し手から遠い場所・方向などを示す。そちら。そっち。
「少女は―を注視して」〈二葉亭訳・あひゞき
二人称の人代名詞。おまえ。
「―は夏中何をして暮されしや」〈渡部温訳・伊蘇普物語〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そち【其方】

( 代 )
中称の指示代名詞。そちら。そっち。 「霰なす-より来れば/万葉集 199
二人称。目下の者に対して用いる。なんじ。お前。 「たとへ-の花なりとも、其やうにするものか/狂言・若市」

そちら【其方】

( 代 )
〔「ら」は接尾語〕
中称の指示代名詞。
聞き手に近い関係にある方角。その方向。 「 -へ玉を放る」
聞き手に近い場所。 「 -はもう雪が降っていることでしょう」
聞き手の近くにあるもの。 「 -を見せて下さい」
二人称。聞き手、また聞き手の側にいる人。 「 -さま」 〔「そっち」より丁寧な言い方〕

そっち【其方】

( 代 )
〔「そち」の転〕
中称の指示代名詞。「そちら」のくだけた言い方。 「 -の水は苦いぞ」 「 -がいい」
二人称。「そちら」のくだけた言い方。 「 -の言い分もわからないではない」

そなた【其方】

( 代 )
中称の指示代名詞。そちら。そちらの方。 「 -にや参り来べき/蜻蛉
二人称。あなた。お前。 「 -が頼うだ塩商の損銀/浄瑠璃・五十年忌 」 〔室町時代は軽い敬語、その後だんだん目下に使うようになった〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

其方の関連キーワード控える・扣える行き合ひ兄弟『こヽろ』其処退け其方此方室町時代耳を打つ其方退け老婆心切しんねこ離縁状行通い憎しむ仁善准許外方便宜肩幅充満

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

其方の関連情報