コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風早八十二 かざはややそじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風早八十二
かざはややそじ

[生]1899.8.24. 岡山
[没]1989.6.19. 東京
社会政策学者,刑法学者,弁護士。 1922年東京帝国大学卒業,同年同大学助手。ヨーロッパ留学後,27年九州帝国大学教授。社会政策学会の有力メンバーとして活躍するが,30年治安維持法批判の論文が発禁処分を受ける。 33,40年と2度にわたり投獄。第2次世界大戦後,49年共産党から衆議院議員に当選。以後,弁護士として砂川事件松川事件などの弁護をつとめる。主著に『日本社会政策史』 (1937) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

風早八十二 かざはや-やそじ

1899-1989 昭和時代の法学者,弁護士。
明治32年8月24日生まれ。昭和2年九州帝大教授となるが,三・一五事件で大学を追われ産業労働調査所などで活動。7年共産党に入党。24年衆議院議員。のち弁護士となり,砂川事件,松川事件の弁護にあたった。平成元年6月19日死去。89歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に「日本社会政策史」「労働の理論と政策」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かざはややそじ【風早八十二】

1899‐1989(明治32‐平成1)
社会政策学者,弁護士。岡山県生れ。東京帝大法学部卒。ヨーロッパ留学を経て1926年九州帝大助教授となったが,28年3月の共産党弾圧事件で職を追われた。その後上京して,産業労働調査所,プロレタリア科学研究所など左翼研究機関で活動。33‐35年投獄。戦時体制への移行につれて左翼運動が徹底的に弾圧される状況のなかで人民戦線運動の可能性を見いだそうとし,その足がかりを社会政策に求めた。社会政策の,さらに戦時社会政策の支持を公称しつつ,労働者の自主性の必要を強調した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

風早八十二の関連キーワード日本資本主義発達史講座心理学的社会学8月10日犯罪と刑罰小岩井浄昭和時代持参財工場法新人会講座派タルド

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android