コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風早八十二 かざはややそじ

3件 の用語解説(風早八十二の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風早八十二
かざはややそじ

[生]1899.8.24. 岡山
[没]1989.6.19. 東京
社会政策学者,刑法学者,弁護士。 1922年東京帝国大学卒業,同年同大学助手。ヨーロッパ留学後,27年九州帝国大学教授。社会政策学会の有力メンバーとして活躍するが,30年治安維持法批判の論文が発禁処分を受ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

風早八十二 かざはや-やそじ

1899-1989 昭和時代の法学者,弁護士。
明治32年8月24日生まれ。昭和2年九州帝大教授となるが,三・一五事件で大学を追われ産業労働調査所などで活動。7年共産党に入党。24年衆議院議員。のち弁護士となり,砂川事件,松川事件の弁護にあたった。平成元年6月19日死去。89歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に「日本社会政策史」「労働の理論と政策」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かざはややそじ【風早八十二】

1899‐1989(明治32‐平成1)
社会政策学者,弁護士。岡山県生れ。東京帝大法学部卒。ヨーロッパ留学を経て1926年九州帝大助教授となったが,28年3月の共産党弾圧事件で職を追われた。その後上京して,産業労働調査所,プロレタリア科学研究所など左翼研究機関で活動。33‐35年投獄。戦時体制への移行につれて左翼運動が徹底的に弾圧される状況のなかで人民戦線運動の可能性を見いだそうとし,その足がかりを社会政策に求めた。社会政策の,さらに戦時社会政策の支持を公称しつつ,労働者の自主性の必要を強調した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

風早八十二の関連キーワード大河内一男弁護士法政策学河津暹岸本英太郎桑田熊蔵永井亨林逸郎《社会科学・社会政策雑誌》《社会政策学会趣意書》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone