風雲急を告げる(読み)ふううんきゅうをつげる

精選版 日本国語大辞典「風雲急を告げる」の解説

ふううん【風雲】 急(きゅう)を告(つ)げる

大事件の起きそうな情勢がさしせまってくる。ただごとでない情勢になる。
※火の(1904)〈木下尚江〉一二「日露両国の間、風雲転(うた)を告ぐるに連れて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「風雲急を告げる」の解説

風雲ふううんきゅう・げる

今にも大きな変動が起きそうな、さしせまった情勢である。「―・げる政界再編の動き」
[類語]険悪険しい不穏際どい物騒危険危難危機危殆きたい危地虎口ここうピンチ剣呑けんのん危ないやばいきな臭い呉越同舟一触即発風前のともしび薄氷をふむ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android