やばい(読み)ヤバイ

デジタル大辞泉 「やばい」の意味・読み・例文・類語

やば・い

[形]《形容動詞「やば」の形容詞化》危険や不都合な状況が予測されるさま。あぶない。「―・い商売」「連絡だけでもしておかないと―・いぞ」
[補説]若者の間では、「最高である」「すごくいい」の意にも使われる。「この料理―・いよ」
[類語]険悪険しい不穏際どい物騒危険危難危機危殆きたい危地虎口ここうピンチ剣呑けんのん危ないきな臭い呉越同舟一触即発風前のともしび薄氷をふむ風雲急を告げる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「やばい」の意味・読み・例文・類語

やば・い

  1. 〘 形容詞口語形活用 〙 ( 「やば」の形容詞化 ) 危険や不都合が予測されるさまである。危ない。もとてきや・盗人などが官憲追及がきびしくて身辺が危うい意に用いたものが一般化した語。〔日本隠語集(1892)〕

やばいの補助注記

彼女とゴミ箱」(一九三一)〈一瀬直行〉には、「絶えず移動する屋台押しには、もっと大きなヤバイ(危険)が待ってゐるのだ」という、名詞の例が見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

再生可能エネルギー

自然の活動によってエネルギー源が絶えず再生され、半永久的に供給され、継続して利用できるエネルギー。有限の資源である化石燃料などに代わる、新エネルギー(中小規模水力・地熱・太陽光・太陽熱・風力・雪氷熱・...

再生可能エネルギーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android