不穏(読み)ふおん

精選版 日本国語大辞典「不穏」の解説

ふ‐おん ‥ヲン【不穏】

〘名〙 (形動) おだやかでないこと。物事や世の中の状態が安定していないこと。治安をみだすおそれのあること。また、そのさま。険悪。
※三代格‐五・延暦一二年(793)正月六日勑「冝之条並従除去、但位田位祿賻物之数」
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉明治時代の学生生活「何か不穏の文章を印刷したビラを」 〔杜甫‐促織詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「不穏」の解説

ふ‐おん〔‐ヲン〕【不穏】

[名・形動]おだやかでないこと。状況が不安定で危機や危険をはらんでいること。また、そのさま。「不穏な空気が漂う」「政情不穏
[類語]物騒際どい険悪危険危難危機危殆きたい危地虎口ここうピンチ剣呑けんのん危ない険しいやばいきな臭い呉越同舟一触即発風前のともしび薄氷をふむ風雲急を告げる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android