コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛行服 ひこうふく

世界大百科事典 第2版の解説

ひこうふく【飛行服】

飛行機の搭乗員が着用して,機上でその技量を十分に発揮できるようにくふうされた衣服。航空服ともいう。1903年ライト兄弟が初飛行に成功したが,初期の飛行服装は普通のスポーツ服や軍服であった。1910年代に,当時の自動車運転者が使った風防眼鏡や革製半コート,または工場作業用のオーバーオールズの打合せを深くしたり,革製にして改良したものなど,飛行服らしいものが現れる。第1次世界大戦で飛行機が重要な兵器となると,性能限度いっぱいの操作が要求され,それに応じる飛行服が軍によって開発されるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

飛行服の関連キーワードジャケット耐熱性繊維

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛行服の関連情報