コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飽和化合物 ほうわかごうぶつsaturated compound

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飽和化合物
ほうわかごうぶつ
saturated compound

有機化合物のうち,分子内に炭素原子間の多重結合を有しない化合物。炭化水素ではアルカンシクロアルカン飽和化合物である。またケトンニトリルエステルカルボン酸などのように炭素と窒素,炭素と酸素の間などに多重結合を含む化合物は飽和化合物に含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

飽和化合物【ほうわかごうぶつ】

有機化合物のうち,炭素間の結合がすべて一重結合からなり,不飽和結合二重結合三重結合)を含まないものをいう。→不飽和化合物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうわかごうぶつ【飽和化合物 saturated compound】

有機化合物のうち,炭素骨格が単結合のみからなり,多重結合(二重結合または三重結合)を含まないものをいう。鎖式のものと環式のものがある。飽和化合物に対して,炭素骨格に多重結合を含む化合物を不飽和化合物という。両者の区別は便宜的なものであり,官能基に多重結合が含まれていても炭素骨格に多重結合がないカルボン酸(たとえば酪酸など)やニトリル(たとえばアジポニトリルなど)は飽和化合物に分類される。【竹内 敬人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうわかごうぶつ【飽和化合物】

炭素原子間の結合がすべて単結合である有機化合物。アルカンなど。飽和有機化合物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飽和化合物
ほうわかごうぶつ
saturated compound

有機化合物のうち、分子内に含まれるすべての炭素‐炭素結合が単結合で、二重結合や三重結合を含まない化合物をいう。すなわち、炭素原子の原子価が満たされている化合物である。鎖式のアルカン、脂環式のシクロアルカン、環内に二重結合や三重結合をもたない複素環式化合物がこれに属する。しかし、炭素とヘテロ原子(炭素以外の原子)間、あるいはヘテロ原子間で多重結合をつくっているようなカルボニル基、シアノ基、ニトロ基などの官能基があっても飽和化合物である。たとえばアセトンCH3COCH3は飽和ケトンである。[佐藤武雄・廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

飽和化合物の関連キーワードティーレ(Friedrich Karl Johannes Thiele)ウッドワード(Robert Burns Woodward)ロバート・B. ウッドワードディールス=アルダー反応エチレン(データノート)エチレン・酢酸ビニル樹脂サバチエ=サンドラン還元エチレンクロロヒドリントリクロロエチレンアルドール縮合炭素環式化合物塩化ビニリデンジクロロエタンジブロモエタンウッドワードエポキシ化プロピレンイソプレン酸化脱水素水素添加

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android