コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通選挙法 ふつうせんきょほう

2件 の用語解説(普通選挙法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

普通選挙法【ふつうせんきょほう】

日本の近代的選挙法は1889年の衆議院議員選挙法に始まるが,長く制限選挙制をとっていた。その後普通選挙運動の結果,1925年衆議院議員選挙法(いわゆる普通選挙法)が成立,1926年地方議会でも普通選挙制が採用され,満25歳以上の男子はすべて有権者となった。
→関連項目加藤高明内閣憲政会大正デモクラシー普選運動民本主義山本権兵衛内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

普通選挙法
ふつうせんきょほう

納税額、財産、教育程度などを資格要件とせず、原則として一定の年齢に達した国民すべてに等しく選挙権を与える法制度。制限選挙法の反対概念。日本では1925年(大正14)5月公布の改正衆議院議員選挙法において初めて実現、28年(昭和3)2月第16回総選挙より施行された。同法は、「帝国臣民タル男子」で25歳以上の者に選挙権を、同30歳以上の者に被選挙権を与えたが、「貧困ニ因リ生活ノ為公私ノ救助ヲ受ケ又ハ扶助ヲ受クル者」「一定ノ住居ヲ有セサル者」などの最下層民衆や「華族ノ戸主」および現役軍人などには与えず、また女性や植民地の人民も除外した。地方議会については、26年6月の府県制、市制、町村制の改正によりほぼ同様の普通選挙法が実現した。このように、この段階のものは完全普通選挙法でなく、女性は「普選より婦選へ」をスローガン婦人参政権を要求して運動を展開。男女平等の普通選挙法は第二次世界大戦後の1945年(昭和20)12月同法改正で実現、翌46年4月戦後最初の総選挙より施行され、9月地方議会でも実現した。47年3月には25年以来の欠格条項が廃止となった。同年5月施行の日本国憲法第15条は「公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する」と明記。ついで50年4月公職選挙法において各種の公職選挙規則が一本化され、今日に至っている。[阿部恒久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

普通選挙法の関連キーワード饗庭篁村広島(市)森有礼メネリク[2世]ストレンジ二葉亭四迷ペルス=ライケンマクブライドメタテクシス斑晶

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

普通選挙法の関連情報