コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馮桂芬 ひょうけいふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馮桂芬
ひょうけいふん

馮桂芬」のページをご覧ください。

馮桂芬
ふうけいふん
Feng Gui-fen

[生]嘉慶14(1809)
[没]同治13(1874)
中国,清末の思想家。政治家。「ひょうけいふん」とも読む。江蘇省呉県 (蘇州) の人。字は林一。号は景亭,鄧尉山人。道光 20 (1840) 年の進士。翰林院編修から右春坊右中允。林則徐知遇を受け,経世に通じ,郷里の実務にたずさわった。李鴻章の幕友として同治中興にも参加し,近代的富国強兵策を主張した。魏源に次ぐ洋務論の開拓者主著『顕志堂稿』 (12巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふうけいふん【馮桂芬 Féng Guì fēn】

1809‐74
中国,清末の学者。字は林一,号は景亭。江蘇省呉県の人。道光20年(1840)の進士。翰林院編修を授けられたが,父母を相次いで失うとともに,その間,太平天国に郷里がまきこまれたこともあって,仕官の意を断ち,李鴻章の幕友として,洋務運動に協力した。中体(ちゆうたい)西用論の立場から,西洋の科学技術を積極的に導入し,かつ中国人がみずから製造修理の能力を養うことをも力説した。これは外国人にだけすべてを頼る洋務論の水準を超えたものであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の馮桂芬の言及

【西学】より

…そして魏源を継承して,軍事を中心とする殖産興業を目的とした李鴻章らの洋務運動が推進された。その指導理念となったのは,馮桂芬(ふうけいふん)の〈中体西用論〉である。江南製造総局翻訳館(1868設立)による膨大な西書翻訳事業も,その理念にもとづいている。…

【中体西用論】より

…中体西用は〈中学(中国の伝統的学術)を体(根本)とし,西学(西洋の近代的学術)を用(応用)とする〉を簡略にした語。その最初の提唱者は馮桂芬(ふうけいふん)で,1861年(咸豊11)〈中国の五倫五常の名教を根本とし,諸国の富強の術を補助とせよ〉と主張した。これは,李鴻章ら洋務派官僚にしだいに受け入れられ,軍事を中心とする西欧の科学技術を導入する際の指導理念となった。…

※「馮桂芬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馮桂芬の関連キーワード馮桂芬(ひょうけいふん)校ふん盧抗議中体西用論広方言館

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android