コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駆潜艇 くせんていsubmarine chaser

翻訳|submarine chaser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駆潜艇
くせんてい
submarine chaser

沿岸,港湾などの防備用の小型の対潜艦艇潜水艦を発見し攻撃するために,ソーナー,水中攻撃指揮装置などの水測兵器,爆雷投射機,ヘッジホッグ,爆雷投下軌条,短魚雷投射機などの対潜装備を備えている。排水量 200~500tの間で,通常,機銃で武装している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くせん‐てい【駆潜艇】

爆雷などによって、敵の潜水艦を攻撃する小型高速艇。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

駆潜艇【くせんてい】

主として沿岸の対潜哨戒(しょうかい)や局地的船団護衛を任務とする600トン以下の小艇。第1次大戦にドイツ潜水艦攻撃用として造られたのに始まる。主兵装は爆雷から対潜前投兵器(小型の爆雷や魚雷をロケットなどで前方に射出するもの)やホーミング魚雷に代わりつつあり,高射機関砲ももつ。
→関連項目魚雷艇警備艦砲艦

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くせんてい【駆潜艇】

潜水艦を攻撃する小型の軍艦。第1次世界大戦中,ドイツ潜水艦の攻撃に対抗するために連合国は,爆雷を主兵装とした局地用の小型艇を建造,駆潜艇と称した。イタリアのMAS(motoscafi antisommergibili)はその代表である。その後,艇を大きくし航洋性をもたせ,沿岸の対潜哨戒や船団護衛に使用するようになり,500トンを超すくらいの艇も出現した。これらの艇は主要兵装として,古くは爆雷を用いていたが,近年は第2次世界大戦中期以後発達した対潜前投兵器(小型の爆雷や魚雷をロケットなどで前方に射出するもの)や小型対潜ホーミング魚雷(自分で目標を探知・追尾する魚雷)を装備している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くせんてい【駆潜艇】

潜水艦を爆雷攻撃するための小型の快速艇。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駆潜艇
くせんてい
submarine chaser

主として港湾、沿岸、海峡などの哨戒(しょうかい)、侵入潜水艦に対する警戒・捜索・攻撃などを主任務とする、排水量500~600トン以下の小型対潜艦艇。速力20ノット程度のものが主流だが、最近の高速艇タイプには30ノットを超すものもある。第一次世界大戦時に、ドイツの潜水艦攻撃に対抗して、イギリスが急いで建造した哨戒艇(PボートおよびPCボート)、アメリカが量産したPボートに類似したイーグル・ボートおよび小型駆潜艇(SCボート)が最初のもの。第一次、第二次世界大戦戦間期に、日本を含めた各国も建造を始めたが、日本では、第二次世界大戦直前から戦時中に多数建造した第13号型および第28号型駆潜艇(基準排水量420~438トン、速力16ノット、爆雷36個搭載)が、当時の鋼製大型艇の代表的なものであった。初期の艇では、索敵兵器に水中聴音機、攻撃兵器に爆雷と小口径砲が搭載されていたが、その後、水中探知機(ソナー)が装備された。第二次世界大戦中には攻撃用として前投対潜兵器を備えた艇も出現、大戦後は、爆雷にかわってホーミング魚雷が装備された。しかし、大戦後の潜水艦の性能の飛躍的向上により、在来型の艇では対応が困難となった。そこで高速ディーゼルエンジン、ガスタービンなどを主機とした高速艇タイプや水中翼艇タイプの艇が建造されたが、最近では、より高性能で兵装搭載能力に優れた小型コルベットが、駆潜艇にかわって局地対潜任務に使用されている。[阿部安雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

駆潜艇の関連キーワード対潜ミサイル特設艦船対潜兵器ソナー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駆潜艇の関連情報