コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆雷 ばくらい depth charge

翻訳|depth charge

6件 の用語解説(爆雷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

爆雷
ばくらい
depth charge

対潜水艦攻撃兵器の一種。潜航した潜水艦の攻撃に使用する。第1次世界大戦ドイツ潜水艦への対抗のために開発された。缶体,爆薬,起爆装置などから成り,水中投下されると自重により沈降し,予想深度でスプリング力と水圧利用の起爆装置によって爆発する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ばく‐らい【爆雷】

潜水艦攻撃用の爆弾。水中に投下または発射され、一定深度に達すると爆発する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

爆雷【ばくらい】

潜航中の潜水艦攻撃用の兵器。ドラム缶形または涙滴形の缶に爆薬を詰めたもので,重量150〜200kg。艦尾の軌条(レール)から投下,または爆雷投射機(片玄投射のK砲,両玄投射のY砲など,射程120m)で投射され,水圧によって作動する起爆装置によってあらかじめ調定された深度で爆発する。
→関連項目駆潜艇駆逐艦対潜哨戒機対潜兵器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ばくらい【爆雷 depth charge】

潜水艦を攻撃するための水中兵器の一種。金属製の容器に爆薬と水圧により作動する起爆装置などを備えたもので,第1次世界大戦から第2次世界大戦の中期までは,対潜兵器の主役を占めてきた。用法は探知した潜水艦に対し,水上艦から数個単位で投下または投射し,潜水艦を前後左右から包むように次々と爆発させて攻撃する。爆発深度は,潜水艦の予測深度にあわせ,投下または投射前にあらかじめ起爆装置に設定される。初期の爆雷は,ドラム缶形で,沈降速度も遅く,攻撃精度も悪かったが,第2次大戦の中期から,沈降速度の速い涙滴形に改善された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ばくらい【爆雷】

潜水艦攻撃に用いる、水中に投下して一定の深さに達すると爆発する爆弾。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

爆雷
ばくらい
depth charge

魚雷、機雷と同じ水中破壊兵器だが、もっぱら対潜水艦攻撃用として用いられる。水上艦艇や航空機から投下され、あらかじめ調定された深度に達すると爆発して潜水艦に致命的な損害を与える。ドラム缶型(重量約190キログラム)と流線形型(約150キログラム)の2種あり、いずれも爆薬量90~135キログラム。潜水艦の速度上昇に伴い現在では速沈性の大きい流線形型爆雷にとってかわられている。初期は艦尾に投下軌条を設け、潜水艦が探知された海面で投下していたが、ソナーなど水測武器の性能向上で探知海域が拡大されるにつれて爆雷投射機が出現、K砲(片舷(へんげん)投射)、Y砲(両舷用)で最大120メートル先まで射出できるようになった。第二次世界大戦中から爆雷は前投方式の射出機と組み合わされ対潜弾として多く開発された。そのおもなものにはヘッジホッグ(米、二四連装)、マウストラップ(米、四連装)、MK108型ロケット・ランチャー(米、単装)、リンボウ(英、三連装)、ボフォース型ロケット・ランチャー(スウェーデン、四連装)などがある。しかし潜水艦が高速、深深度化した結果、対潜武器の主流は自動追尾魚雷が占めるようになり、新型の水上艦艇は爆雷投射機能を有していない。海上自衛隊の護衛艦の標準装備からも爆雷は姿を消しつつある。ただ、核弾頭を装置した爆雷はその大破壊力によって特定の状況下では利用価値があるとみなされ、冷戦時代、米ソ両国は核爆雷(米=サブロック、ソ連=SS-N-15)を保有してきた。[前田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

爆雷の関連キーワード駆潜艇駆逐艦戦術核兵器戦略核兵器対潜哨戒機Uボート雷撃機音響測定艦雷撃戦域核兵器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

爆雷の関連情報