コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高士 コウシ

デジタル大辞泉の解説

こう‐し〔カウ‐〕【高士】

志が高くりっぱな人格を備えた人物。人格高潔な人。「高士世に容(い)れられず」
世俗を離れて生活している高潔な人物。隠君子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうし【高士】

人格が気高くすぐれている人物。
脱俗している高潔の士。 「風懐の-/日本風景論 重昂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高士の言及

【逸民】より

…中国の隠者。知識階級に属しながら政治の世界を俗として仕官せず,民間に隠れて高潔に生きる人々で,隠逸,高逸,高士などともよばれる。聖天子の尭に招かれても,これをけがらわしいとした許由(きよゆう)や,周の武王の治世でもその粟をくらわなかった伯夷(はくい)・叔斉(しゆくせい)などが,その典型とされる。…

※「高士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高士の関連キーワード祉・視・仔・仕・伺・使・侈・刺・史・司・嗜・嗣・嘴・四・址・士・姉・始・姿・子・尸・屍・巳・市・師・幟・弑・弛・志・思・恣・指・摯・支・斯・施・旨・枝・梓・止・此・歯・死・氏・滓・熾・疵・矢・示・祀・祉・祠・私・糸・紙・紫・絲・翅・肆・肢・脂・至・視・詞・試・詩・誌・諡・諮・資・賜・趾・雌・飼・齒セルフメディケーションたかし よいち潁水に耳を洗う感情(心理学)岡田米山人川村 暘谷日本風景論紀事本末体松尾 和子高田平野外山高士平田精耕北代高士許由巣父雲谷等的高士幸也川村暘谷碧巌録道釈画

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高士の関連情報