コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木仁三郎 たかぎ じんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木仁三郎 たかぎ-じんざぶろう

1938-2000 昭和後期-平成時代の核化学者,科学評論家。
昭和13年7月18日生まれ。44年都立大助教授となる。62年原子力資料情報室代表。反原発運動を指導し,プルトニウムを利用する日本の核燃料政策を批判,脱原発の社会をめざす。平成9年ライト-ライブリフッド賞。平成12年10月8日死去。62歳。群馬県出身。東大卒。著作に「プルトニウムの恐怖」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高木仁三郎【たかぎじんざぶろう】

科学者。専門は核化学。群馬県前橋市出身。東京大学理学部卒業。65年,東大原子核研究所助手。69年,都立大助教授。72年,マックスプランク核物理研究所客員研究員。
→関連項目反原発運動

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

高木仁三郎の関連キーワードライトライブリフッド賞核燃料サイクル福島第一原発東日本大震災高木 仁三郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高木仁三郎の関連情報