コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木作右衛門(初代) たかぎ さくえもん

2件 の用語解説(高木作右衛門(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木作右衛門(初代) たかぎ-さくえもん

1553-1630* 織豊-江戸時代前期の商人。
天文(てんぶん)22年生まれ。肥前高木荘(佐賀県)から長崎へ移住,文禄(ぶんろく)元年町年寄となる。慶長12年長崎奉行小笠原一庵の不正を幕府にうったえ失脚させた。海外貿易にもたずさわり,元和(げんな)2年摩陸(モルッカ)あての朱印状をえた。洗礼名はルイス。のち棄教。寛永6年12月8日死去。77歳。名は忠雄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高木作右衛門(初代)

生年:生没年不詳
安土桃山・江戸初期の長崎地役人兼豪商。藤原氏の出身。名は忠雄。肥前高木(佐賀市)に城を築いていたが,永禄年間(1558~70)長崎に移り,商人となる。唐蘭貿易に従事し,元和2(1616)年摩陸(モルッカ)国あての海外渡航朱印状を幕府より与えられた。長崎頭人。以後,作右衛門が歴代名となるが,2代忠次も長崎町年寄。末次平蔵と共に民衆のキリスト棄教をすすめ,幕府より時服2領と銀を賜る。3代宗能のとき,あらたに御用物役になり,子の4代宗利が長崎町年寄になる。8代忠与は元文4(1739)年高木家で初めて長崎代官になる。以後,幕末まで歴代作右衛門が長崎代官を世襲。<参考文献>『長崎町年寄発端由緒書』『長崎叢書』

(武野要子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

高木作右衛門(初代)の関連キーワードEdward the Confessor川中島の戦シュベルニー城フランス演劇藤堂高虎尼子勝久アンリ神谷宗湛義仲寺クラナッハ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone