コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高杯 たかつき

2件 の用語解説(高杯の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

高杯

 皿に1本脚のついた盛り付け用の土器のことです。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たかつき【高杯】

歌舞伎舞踊。長唄。1933年9月6世尾上菊五郎,7世坂東三津五郎ほかにより東京劇場初演。作詞久松一声。作曲柏伊三郎菊五郎が当時流行し始めたタップダンスに着想を得て,下駄ばきの拍子で踊る奇抜な作品を作った。狂言風の舞踊で,高杯を買うよう命じられた太郎冠者が騙されて足駄を買わされ,酔って高下駄タップ風に踊る。しばらく絶えていたのを,17世中村勘三郎が復活上演し好評を得ている。【西形 節子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高杯の関連キーワード歌舞伎舞踊三番叟物汐汲紅葉狩外記猿尾上松助歌舞伎狂言木賊刈尾上栄三郎(7代)尾上菊之丞(初代)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高杯の関連情報