コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋栄清 たかはしえいせい

世界大百科事典 第2版の解説

たかはしえいせい【高橋栄清】

山田流箏曲家。(1)初世(1868‐1939∥明治1‐昭和14) 本名源太郎。4歳で失明後,7歳で長唄を修業。18歳から2世山多喜松調(のちに櫛田栄清と改名)に入門。翌年栄松を名のるが,清章を経て,師の没後栄清を襲名。1917年初世萩岡松韻越野栄松らと箏曲楽成会を結成し,山田流箏曲の発展に尽くす。23年山田流箏曲協会設立とともに副会長就任,37年に一門の松調会を結成。すぐれた演奏家であった。(2)2世(1904‐89∥明治37‐平成1) 初世の長女。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の高橋栄清の言及

【竹生島】より

…当初は5世山彦河良作曲の河東節と掛合で作られたが,その河東節のほうは絶え,山田検校門下きた女作曲といわれる箏歌と掛合で行われる。山田流箏曲としても,一中節掛合物として演奏されるが,その場合,一中節の部分を,必ずしも一中節の演奏者が分担するとは限らず,初世高橋栄清が箏の手を付けたものに基づいて,山田流の演奏家が分担するのが普通。能に基づき,部分的に詞章を補ったり省略したりしてある。…

【山勢派】より

…門下に,山喜田(山千代)翠風一検校,山谷清風一検校などがあり,その他本来は山木派の山多喜(山田喜・山滝)栄松一検校(後名松調)も山勢に師事したといわれる。その門から高橋栄清の師の櫛田栄清が出た。 2世山勢(1812‐68∥文化9‐明治1)は,糸魚川の杉本茂右衛門の長男。…

※「高橋栄清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高橋栄清の関連キーワード高橋 栄清(2代目)伊藤 松超(1代目)越野 栄松(1代目)越野 栄松(初代)伊藤 松超(初代)高橋 栄清(初代)上原真佐喜(2世)越野栄松(初代)高橋栄清(2代)中能島 欣一7月13日4月23日萩原 正吟中能島欣一竹生島物伊藤松超東明流

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android