コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋節郎 たかはしせつろう

3件 の用語解説(高橋節郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高橋節郎
たかはしせつろう

[生]1914.9.14. 長野,穂高
[没]2007.4.19. 東京
漆芸家。 1940年東京美術学校研究科卒業。 1941文部省美術展覧会 (新文展) 特選,以後同展に出品を続ける。 1951年日本美術展覧会 (日展) で特選。 1960年『蜃気楼』で文部大臣賞受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋節郎 たかはし-せつろう

1914-2007 昭和-平成時代の漆芸家。
大正3年9月14日生まれ。昭和16年新文展特選。日展で活躍し,57年常務理事に就任。古墳や星座を題材に漆黒に金などを配した幻想的な作品を発表,40年「化石譜」で芸術院賞。51年母校東京芸大の教授。53年現代工芸美術家協会理事長。56年芸術院会員。平成9年文化勲章。版画も手がけた。平成19年4月19日死去。92歳。長野県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高橋節郎
たかはしせつろう
(1914―2007)

漆芸(しつげい)家。長野県穂高(ほたか)町(現安曇野(あづみの)市)に生まれる。1938年(昭和13)東京美術学校漆工科卒業。41年第4回新文展で「木瓜(ぼけ)の図二曲屏風(びょうぶ)」が特選、51年(昭和26)第7回日展で『星座』が朝倉賞を受賞。53年より日展審査員を8回務め、65年『化石譜』で日本芸術院賞、『蜃気楼(しんきろう)』で文部大臣賞を受けた。また1964年以来、日本現代工芸美術展に続けて出品し、現代工芸美術家協会の指導者として現代性に富む漆芸創作運動を進め、76年東京芸術大学教授となり後進の指導にあたった。81年作品集『漆・高橋節郎黒と金の世界』を刊行し、同年10月東京芸術大学陳列館で『高橋節郎漆芸展』を開催。82年東京芸術大学教授退官。97年(平成9)文化勲章受章。[郷家忠臣]
『『漆・高橋節郎黒と金の世界』(1981・京都書院) ▽白石和己監修『漆の黒光のメッセージ』(1998・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高橋節郎の関連キーワード佐治賢使石井勇助太田儔北村昭斎塩多慶四郎寺井直次前史雄増村益城山岸一男山下義人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高橋節郎の関連情報