高橋誠一郎(読み)たかはしせいいちろう

  • 1884―1982
  • 高橋誠一郎 たかはし-せいいちろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1884.5.9. 新潟
[没]1982.2.9. 東京
経済学者。 1908年慶應義塾大学政治科卒業後,母校で経済学原論,経済学史を講じ,特に重商主義の研究で知られる。 11年イギリスに留学,14年教授,44年名誉教授。 47年吉田内閣の文相をつとめ,教育基本法や六三制を決めた学校教育法を公布。また浮世絵収集,研究家としても著名。 47年日本学士院会員,48年日本芸術院長,東京国立博物館長,文化財保護委員会委員長,日本経済学会連合初代理事長など文化学術面で要職歴任。 62年文化功労者,79年文化勲章受章。著書『重商主義経済学説研究』 (1932) ,『経済学史略』 (48) 『浮世絵 250年』 (61) ,『高橋誠一郎経済学史著作集』 (4巻,93~94) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

経済学者。神奈川県出身。慶大卒後,同大教授,東京国立博物館長,芸術院長等を歴任。1947年文相。福田徳三門下で経済学史,特に重商主義を研究。また浮世絵の収集・研究家として知られた。主著《重商主義経済学説研究》。1979年文化勲章。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1884-1982 明治-昭和時代の経済学者。
明治17年5月9日生まれ。イギリスで経済学史を研究,大正3年母校慶応義塾の教授となる。戦後は慶大塾長代理・総長。第1次吉田内閣の文相となって教育基本法を制定。芸術院長,東京国立博物館長などをつとめ,浮世絵の収集でも著名。昭和54年文化勲章受章。昭和57年2月9日死去。97歳。新潟県出身。著作に「重商主義経済学説研究」「浮世絵二百五十年」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経済学者。新潟県に生まれる。1908年(明治41)慶応義塾政治科を卒業、イギリスに留学し、経済学史を専攻、帰国後母校の教壇に立った。イギリス重商主義学説の研究を中心として、その研究領域は中世および古典古代経済学説にまで及ぶが、とくに『重商主義経済学説研究』(1940)とそれに先だつ『経済学前史』(1929)は、重商主義研究の権威としての地位を確立した大著である。47年(昭和22)には吉田茂内閣の文相を務め、その後、日本芸術院院長、東京国立博物館館長、文化財保護委員会委員長、映倫管理委員会委員長などの要職を歴任した。

 また、浮世絵の収集および研究でも著名で、『浮世絵二百五十年』(1961)、『浮世絵随想』(1966)などの著書もある。79年に文化勲章受章。

[飯田 鼎]

『高橋誠一郎著『回想九十年』(1973・筑摩書房)』『高橋誠一郎著『随筆慶応義塾――エピメーテウス抄』正・続(1970、82・慶応通信)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高橋誠一郎の関連情報