コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高津春繁 こうづはるしげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高津春繁
こうづはるしげ

[生]1908.1.19. 神戸
[没]1973.5.4. 東京
言語学者。東京大学教授。インド=ヨーロッパ語族比較言語学,特にギリシア語研究を専門とする。古代ギリシア文学の研究・翻訳の業績も多い。主著『比較言語学』 (1942) ,『ギリシア民族と文化の成立』 (50) ,『アルカディア方言の研究』 (54) ,『印欧語比較文法』 (54) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうづ‐はるしげ〔カウづ‐〕【高津春繁】

[1908~1973]言語学者。兵庫の生まれ。東大教授。古典文献学・印欧比較言語学を専攻。著「アルカディア方言の研究」「印欧語比較文法」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高津春繁 こうづ-はるしげ

1908-1973 昭和時代の言語学者。
明治41年1月19日生まれ。昭和5年オックスフォード大に留学して古代ギリシャ語,印欧語比較文法をまなぶ。東大講師などをへて26年同大教授。43年武蔵大教授。昭和48年5月4日死去。65歳。兵庫県出身。東京帝大卒。著作に「比較言語学」「基礎ギリシア語文法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうづはるしげ【高津春繁】

1908~1973) 言語学者。神戸生まれ。東大教授。古代ギリシャ語・比較言語学を専攻。著「アルカディア方言の研究」「印欧語比較文法」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高津春繁
こうづはるしげ
(1908―1973)

言語学者。神戸市生まれ。東京帝国大学文学部言語学科卒業後、オックスフォード大学にて古典文献学と印欧語比較文法を専攻。1948年(昭和23)東京大学文学部助教授、51年教授、68年退官後名誉教授を経て、武蔵(むさし)大学人文学部長在任中に死去。『アルカディア方言の研究』(学位論文、1954刊)をはじめ、ギリシア語とその文学、言語学に関して、『比較言語学』『印欧語比較文法』『ギリシア語文法』『ギリシア民族と文化の成立』など非常に多くの著書と論文がある。その学問は今日の日本の言語学、古典学の発展に大いに寄与した。[風間喜代三]
『『ギリシア・ローマ神話辞典』(1960・岩波書店) ▽『古典ギリシア』(1964・筑摩書房) ▽『ギリシア神話』(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高津春繁の関連キーワードインド・ヨーロッパ語族ギリシア演劇ギリシア神話田中美知太郎ラテン文学ヘロンダスバキリデス昭和時代ホメロス市河三喜女の平和屈折語蝋板本ヘカベ写本語族