コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼ごっこ おにごっこ

6件 の用語解説(鬼ごっこの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鬼ごっこ
おにごっこ

鬼遊び,オニゴトともいい,子供の集団遊技の一つ。鬼追い,鬼平祭 (鬼が出現し大いに暴れたあと圧伏される) などの神事芸能の模倣から一般化したものである。1人の子供が目隠しをして鬼になり,その他は逃げ手として鬼に捕えられないように逃げまわる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おに‐ごっこ【鬼ごっこ】

一人が鬼になって、他の者たちを追い回し、つかまった者が次の鬼となる子供の遊び。鬼事(おにごと)。鬼遊び。鬼渡し。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鬼ごっこ【おにごっこ】

古くから行われてきた子どもの遊戯。鬼遊びともいう。一人の〈鬼〉と残りの〈子〉に分かれて,鬼が逃げる子をつかまえる形が多い。人間生活をおびやかす存在としての〈鬼〉を追い払う追儺(ついな)などの祭事が,子どもの遊戯として伝承されたものと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おにごっこ【鬼ごっこ】

古くから行われてきた子どもの遊び。〈おにごっこ〉〈おにあそび〉が一般的な名称であり,この系列の遊びに対する総称にもなっている。しかし時代,地方によりさまざまな呼称がある。《物類称呼》によれば〈江戸にて鬼わたしと云,京にてつかまへぼと云,大坂にてむかへぼと云,東国及出羽辺又肥の長崎にて鬼ごとと云,奥の仙台にて鬼々と云,津軽にておくりごと云,常陸にて鬼のさらと云〉とあり,各地方の種々の別称を挙げている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おにごっこ【鬼ごっこ】

子供の遊戯の一。「じゃんけん」などで負けた者を鬼とし、ほかの子供が逃げるのを鬼が追いかけ、鬼につかまった者が次の鬼になるという遊び。おにごと。おにあそび。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鬼ごっこ
おにごっこ

子供の遊戯のうち、戸外で集団で行う遊びの一つ。日本だけでなく世界的にも古くから知られている。遊びの特徴は、集団のなかにオニとよばれる者を1人選んで、終始このオニと個々の者との対立で遊びが展開していく。宗教的行事に起源があることは、昔からいわれていた。結局はこのオニも神威に屈服する形になるが、その前に個々の人間に対して横暴な行動がある。この点を誇張したり、興味をそそる扱い方をして、次の段階の神威を高揚する場面と対照的にしようとした演技が、多くの神社で演じられる神楽(かぐら)のもともとの形であった。鬼ごっこの遊びは、このなかの前段、すなわち人間に対して鬼が暴れ回る部分を模倣したのが、この遊びの原形であった。つまり一群のなかに1人の鬼を選び、追い、捕らえ、次の鬼と交代するという一つ一つの演技に条件をつけて、場所を限定したり、追われた際の安全地帯を設定したり、捕まった者が次の鬼になるという条件のまま鬼として新しい鬼を増やしていく方法など、長い間に遊びの仲間の間で変化をつけ、興味を加えるくふうがなされてきた。それにしたがって個々の名称も、盲(めくら)鬼、ため鬼、かくれ鬼(かくれんぼう)、まる鬼など、多くの名が生まれているが、今日でもまだ新しい遊び方が考案されていよう。盲鬼などはもっとも古い形と思われ、仮面をつけた鬼が人の子を追い回すというものである。かくれんぼうも、恐れて隠れる人の子を探すのがもとの形であったろう。これを子供たちが遊びのなかに取り入れたのであるが、こういうことはすべて子供自身が考え出したもので、成人が関与したとは思われない。また鬼ごっこを始めるにあたっては、鬼を選定することが大きな課題となる。いまは「じゃんけん」でたちまち決まってしまうが、以前は唱え言を使って決める場合が多く、これを「鬼きめ」という。その唱え言は各地に記憶されているから、方法は古くからあったものらしい。文政(ぶんせい)13年(1830)に成った喜多村信節(のぶよ)の『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』のなかにも「ちっちゃ子もちゃ桂(かつら)の葉」という唱え言がみえている。参加者一人一人に1字ずつあてて数えてゆき、最後にあたったものが鬼になるという方法で、東京付近の人がよく知っている、「ずいずいずっころばし ごまみそずい……」という長い唱え言もこの鬼きめに使われたものであった。このほか遊戯中のルールなども、細かく定められているし、遊び場が原っぱや路地から団地の中の小公園などになり、遊戯場所が変化している今日、子供たちはこれを巧みに対応し利用して、遊び方法もくふうして次の代に引き継いでいくことであろう。[丸山久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鬼ごっこの言及

【かくれんぼ】より

…具体的な遊び方は以下のとおりである。(1)鬼定め(〈鬼ごっこ〉の項目を参照)によって鬼を決め,他者全員が子となる。(2)鬼は所定の場所で,目を覆って〈もういいかい〉と叫び,〈もういいよ〉の返事があったときにさがしはじめる方法と,あらかじめ決められた数を数え終わったときにさがしはじめる方法とがある。…

※「鬼ごっこ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鬼ごっこの関連キーワードかくれんぼ子供の遊び鍛接灰吹法シーソー白画世界の子どもの日あぶりだしわらべうた子ども劇場

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鬼ごっこの関連情報