コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 びょう

9件 の用語解説(瓶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


びょう

仏教で法具として用いられる主として真鍮製の水や香水を入れる器。もとはインド人一般が水,油,塩などを入れ日常生活に用いたもので,サンスクリット語kalaśaや kuṇḍikāの訳語。梵天や千手観音などの持物とされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かめ【瓶/×甕】

古代から物入れ・貯蔵・煮炊きなどに使った底深く口径の広い土製・陶磁製や金属製の容器。
酒を杯につぐ細長い器。瓶子(へいじ)。とくり。
「―に酒入れて盃に添へて」〈後拾遺・雑五・詞書〉

びん【瓶/×壜/×罎】

《「びん(瓶)」は唐音》液体などを入れる、ガラス製や陶製の容器。

びん【瓶】[漢字項目]

常用漢字] [音]ビン(唐) ヘイ(漢) ビョウ(ビャウ)(呉) [訓]かめ
〈ビン〉口が狭く腹の膨れた陶製・ガラス製・金属製などの容器。かめ。びん。「花瓶角瓶溲瓶(しゅびん・しびん)茶瓶鉄瓶土瓶
〈ヘイ〉かめ。びん。「瓶花瓶子(へいじ・へいし)/銅瓶」
[難読]釣瓶(つるべ)宝瓶(ほうびょう)

へい【瓶】[漢字項目]

びん

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

びょう【瓶】

水を入れたり花を差したりするために用いる胴のふくらんだ容器のこと。多く陶磁器,金属などで作られるが,形状,使用目的などによってさまざまな種類がある。仏教では,軍持(ぐんじ)(クンディカーkuṇḍikā)と迦羅奢(カラシャkalaśa)の二つに大別する。前者はおもに飲料水などを入れるための水瓶(すいびよう)で,大乗仏教では出家者の所有すべきたいせつな持物(〈十八物(じゆうはちもつ)〉)の一つとされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

へい【瓶】

壺のうち、口が小さく、普通、細い首のあるもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

かめ【瓶/甕】

土器や陶器製の底の深い壺形の容器。酸や塩に侵されず、光も通さないので、穀物・酒・水・漬物などを貯蔵するのに適している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


びん
bottle

主として液体を保持するためにつくられた容器。化学的に不活性な材質が用いられる。瓶にはガラス製とプラスチック製、陶磁器製などがあり、プラスチック瓶はまだ歴史は浅いが、急激に利用が伸びており、用途によってはガラス瓶に置き換わりつつある。また、陶磁器製は美術工芸品としての用途がおもなものになっている。[南 努]

ガラス瓶

紀元前1世紀中ごろ、地中海東岸のシリアで、金属パイプの先端に溶けたガラスをくっつけて、もう一方の端から息を吹き込んで成形する方法(手吹き法)が発明されたといわれている。
 日本に現存する最古のものは、正倉院所蔵の白瑠璃瓶(はくるりのへい)である。これは7~8世紀ごろのイラン製品が渡来したものと考えられている。日本における瓶製造は比較的近年のことで、1844~1854年(弘化(こうか)・嘉永(かえい)年間)ごろからであり、江戸で町田屋藤兵衛、加賀屋久兵衛らがつくったという記録がある。また、鹿児島の島津氏は1852年(嘉永5)集成館のガラス工場で薬瓶を製造している。
 1904年、アメリカの事業・発明家M・J・オーエンズが完全自動製瓶機を発明するまで、基本的には手吹き法で瓶がつくられてきた。現在ではオーエンズの発明した機械を改良したIS(Individual Section)機が主流になっている。ガラス原料である珪砂(けいさ)、ソーダ灰、石灰などの混合物を、約1500℃で加熱溶融して、適当な大きさの塊(ゴブという)にする。これに下方から空気を吹き込んで中空(パリソンという)にしたのち、上下を逆さにしてふたたび空気を吹き込み、希望の形状にする。このような方法を吹き込み成形法という。
 ガラス瓶は、内容物が見やすい、内容物と反応せず化学的に安定である、気密にすることができるといった特徴があり、各種の飲料や薬品などの貯蔵に利用されている。一方、重くて割れやすいという欠点は、薄肉・軽量化して、しかも強化処理をすることにより改善が進められている。たとえば1リットルの瓶は1975年(昭和50)に640グラムであったのが、1980年には320グラムまで軽量化され、一度だけ使うワンウェイ瓶として実用化された。さらに、繰り返し使用されるリターナブル瓶に対しても、外表面に樹脂コーティングを施すことによって、同程度まで軽量化されている。ガラス瓶は使用後回収され、ガラス原料のカレット(屑(くず)ガラス)として再利用できるので、省資源の点で優れている。日本におけるガラス瓶の生産量は、軽量化や、プラスチック瓶や紙容器の普及などのために、年々減少しており、一方カレットの使用量は増大している。たとえばガラス瓶は1990年(平成2)に240万トン製造(わが国における年間最大出荷量、本数にして110億本)され、そのうちカレット使用量は50%であったのが、1999年には190万トン製造され、その80%弱がカレットでまかなわれている。また軽量化も兼ねてリサイクルを容易にするために、透明瓶に厚さ数マイクロメートルの樹脂コーティングを施して、着色ガラス瓶が製造されるようになっている。さらに1マイクロメートル以下の着色ゲル膜をコーティングすることによって、分別回収の必要のないガラス瓶の開発研究が進んでおり、実用化が期待されている。[南 努]

プラスチック瓶

加熱・冷却によって、軟らかくなったり、硬くなったりする熱可塑性樹脂を原料として、ガラス瓶と同じく、吹き込み成形でつくることができる。プラスチック材料としてポリエチレン、ポリ塩化ビニル、ポリエチレンテレフタレート(PET(ペット))などさまざまなものが使用されてきたが、現在ではペットボトルが主流になっている。ペットボトルは軽量であって、落としても破損しにくく安全性に優れた容器として、飲料、しょうゆなどの食品用として1990年代中ごろから急速に市場を拡大した。
 当初、ペットボトルは耐内圧強度や耐衝撃強度が不十分であり、耐熱性に乏しく、その市場が限定されていた。しかし2軸延伸ブロー技術や口部結晶化技術などが開発されて強度やガスバリヤー性、そして耐熱性が飛躍的に向上し、現在では炭酸飲料のように内圧が発生するものや茶類のように高温充填(じゅうてん)を必要とする飲料など、対象となる市場は広範囲に及んでいる。さらに、無菌充填技術が一般化しており、以前は衛生上の問題で高温充填が必要であった飲料でも、常温での充填が比較的容易に行えるようになった。この常温充填方式で使用されるペットボトルは、前述した耐熱性技術が不要となり、加えて軽量化も図ることができ、省資源の観点からも評価されて急速に普及した。
 数値的には1993年に約13万トンの生産量だったものが1998年には約28万トンまで伸びた(食品用)。リサイクルについては、急激な使用拡大に追いついていないのが現状であるが、1998年には生産量の約17%が回収され、おもに繊維(48%)、成形品(30%)、シート(15%)などに再使用されている。[南 努]
『金澤秀文著「リサイクルしやすい着色ガラスびん」(『日経メカニカル』507号所収、1997・日経BP社) ▽森雅博著「ガラスびんリサイクルの現状および取り組み」(『包装技術』37巻7号所収、1999・日本包装技術協会) ▽三輪玄修著「PETボトルの再商品化」(『包装技術』37巻8号所収、1999・日本包装技術協会) ▽中澄博行著「有機・無機複合コーティング薄膜の作製と応用」(『有機・無機ハイブリッド材料技術資料集』所収、1999・技術情報協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【ガラス工業】より


[ガラス製品工業]
 ガラス製品に板ガラス,ガラス繊維を含めることもないわけではないが,ここでは両者を除いたものをいうことにする。きわめて多種多様な製品があるが,便宜上,(1)瓶,(2)食器,(3)特殊ガラス,に分けることができよう。(1)瓶は製法上,人工瓶,半人工瓶,自動製瓶に分けられ,大半のものは大量生産のきく自動製瓶でつくられる。…

※「瓶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

瓶の関連キーワード土瓶パッド水口浅甕梳き毛溜め桶柱引き煮笊水差し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瓶の関連情報