コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥の子 トリノコ

デジタル大辞泉の解説

とり‐の‐こ【鳥の子】

鳥の卵。特に、鶏(にわとり)の卵。
鳥のひな。特に、鶏のひな。ひよこ。
鳥の子色」の略。
鳥の子紙」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とりのこ【鳥の子】

卵。特に、鶏の卵。 「 -を十づつ/伊勢 50
鳥のひな。特に、鶏のひな。ひよこ。
鳥の子紙」の略。
鳥の子色」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥の子
とりのこ

ガンピ(雁皮)を原料とした和紙。奈良時代の斐紙(ひし)の系統を受け継いだきわめて上質の紙で、この紙名は嘉暦(かりゃく)年間(1326~29)の文献に初めてみられる。紙の色が鳥の子、つまり鳥の卵の殻に似ているのでこの名がある。中世に地方製紙が盛んになるにつれ、とくにガンピの入手しやすい地方で、古代の斐紙の伝統がさらに発展して生まれたものと思われる。名産地として、室町時代以降は越前(えちぜん)国(福井県)が名高く、加賀国(石川県)、阿波(あわ)国(徳島県)がこれに続き、江戸時代には摂津国名塩(なじお)(兵庫県西宮市)や和泉(いずみ)国(大阪府)阿間河(あまがわ)で、特色のある鳥の子が漉(す)かれた。
 ガンピの繊維は繊細で均一、しかも美しい光沢があるうえに、粘性のヘミセルロースの含有量が多いため良質の紙ができる。1712年(正徳2)成立の寺島良安著『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』にも「肌滑らかで書きやすく、紙質は引き締まって耐久力があり、紙の王ともいえる」と賞賛している。1603年(慶長8)刊の『日葡(にっぽ)辞書』に、薄様、厚様、内陰(うちぐもり)、間似合(まにあい)、鳥の子など、一連の雁皮紙系統の紙名がほかに比べて多く採録されているのは、室町末期の知識人や渡来した宣教師たちに広く愛用されていたことを物語っている。
 現在はミツマタ(三椏)を代用とした鳥の子を製造する技術が進み、局紙をはじめ証券、辞令、美術書などのとくに愛蔵する書物に使用され、美術紙として海外でも喜ばれている。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鳥の子の関連キーワードみにくいアヒルの子泥入り間に合い元暦校本万葉集美和(茨城県)越前鳥の子紙泥入れ鳥の子阿倍倉梯麻呂切り紙・切紙桂本万葉集平群真鳥物部影媛土佐和紙越中和紙模造紙平群鮪森春濤升色紙三椏紙飛雲紙越前紙

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥の子の関連情報