コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥羽城 とばじょう

1件 の用語解説(鳥羽城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

とばじょう【鳥羽城】

三重県鳥羽市にあった平山城(ひらやまじろ)(海城)。同県指定史跡。戦国~安土桃山時代には織田信長豊臣秀吉に仕えた九鬼嘉隆・守隆親子が居城して、九鬼水軍の本拠となっていた城で、江戸時代には鳥羽藩の藩庁が置かれた城である。当時、前島(観音山とも)と呼ばれた三方が海(鳥羽湾)に囲まれた小高い山(桶の山の突端部)に築かれた城で、大手門が海側に突出して造られた(海を城の正面とした)全国的にもめずらしい海城である。城がつくられた場所には中世以来の橘氏の居館があったが、秀吉の家臣となった九鬼嘉隆が1594年(文禄3)に、この居館の跡地に鳥羽城を築城した。以後、九鬼氏3代が居城とし、その後、内藤氏3代が居城とした後、藩が廃されて天領(幕府直轄領)となった。その後、鳥羽藩は復活したが、土井氏、大給松平氏、板倉氏、戸田松平氏と目まぐるしく城主が変わり、1725年(享保10)に稲垣氏が入城して同氏8代が居城とした。しかし、幕末の1854年(安政1)の大地震で天守ほかの主要な建物が倒壊し、修理が行われないまま明治維新を迎えた。1871年(明治4)の廃藩置県で廃城となって破却処分とされ、多くの建造物が払い下げられた。鳥羽水族館の裏手にある低い丘が鳥羽城跡で、かつての本丸は市立鳥羽小学校の校庭になっている。山麓北側には武家屋敷があったが、その跡地は現在、市役所・旧鳥羽幼稚園のほか城山公園の敷地の一部になっている。本丸と旧家老屋敷(日向主殿)の石垣の遺構が現存している。JR参宮線・近鉄鳥羽線鳥羽駅から徒歩5分。◇海側へ突き出して大手門が築かれていたため鳥羽の浮城、また、城の海側が黒色、山側が白色に塗られていたため二色城、あるいは錦城ともよばれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥羽城の関連キーワード琴平山志摩平山城亀山城平山角左衛門平山行蔵平山藤次郎平山豊後平山兵原平山康吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥羽城の関連情報