コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶏竜山窯 けいりゅうざんよう Kyeryong-san-yo

5件 の用語解説(鶏竜山窯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶏竜山窯
けいりゅうざんよう
Kyeryong-san-yo

韓国,忠清南道の鶏竜山麓にある窯址。高麗時代末期から李朝時代にかけての窯址が群集している。 1934年に発掘され,主として三島手,彫り三島,絵三島,刷毛目,黒釉 (ゆう) ,白磁の6種の陶磁を出土した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいりゅうざん‐よう〔‐エウ〕【鶏竜山窯】

朝鮮半島の忠清南道公州の鶏竜山付近にあった窯。最盛期は李朝初期。刷毛目(はけめ)など、多彩な陶磁器を産した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鶏竜山窯【けいりゅうざんよう】

韓国,忠清南道にある窯。15世紀後半―16世紀前半ごろに,この地方独特の白地鉄絵陶磁を焼成。作品は素地に刷毛で白化粧を施す粉青沙器(ふんせいさき)の一種で,その上に民窯らしい洒脱な描法の鉄絵文様が描かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

けいりゅうざんよう【鶏竜山窯】

韓国、忠清南道チユンチヨンナムドの鶏竜山の近くにある古窯。高麗末期より朝鮮(李朝)王朝にかけて多くの陶磁器を産した。けいりょうざんよう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶏竜山窯
けいりゅうざんよう

朝鮮、李朝(りちょう)時代の名窯。韓国(大韓民国)忠清南道(ちゅうせいなんどう/チュンチョンナムド)公州(こうしゅう/コンジュ)市反浦面鶴峰里に位置する鶏竜山の山麓(さんろく)に古窯址(し)が広がる。そのうち1927年に調査された最大の古窯址は、長さ41.5メートルの割竹式連房式登窯(のぼりがま)で、13房からなり、各房には焚口(たきぐち)と色見孔が設けられてあった。その物原(ものわら)からは三島暦手(こよみて)、刷毛目(はけめ)、彫(ほり)刷毛目、絵(え)刷毛目、青磁、白磁、黒釉(こくゆう)陶など李朝前期を代表する陶片が認められ、この時期の民窯の雄と考えられるに至った。古窯は東鶴寺周辺、バスターミナル北側旅館裏、沙器所国民学校後方の3地区に集約され、中国の年号を使って景泰元年(1450)から嘉靖(かせい)15年(1536)までの銘文のある陶製墓誌が伴出しているところから、15世紀中葉から16世紀中葉が最盛期であったことがわかる。ただ東鶴寺周辺の窯址からは李朝後期の白磁や染付が出土しており、18世紀にも窯が活動していたことを物語る若干の資料となっている。製品のなかでは絵刷毛目がもっとも魅力に富んでおり、他窯ではまだ陶片がみつかっていないため、鶏竜山窯独自のものと考えられている。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鶏竜山窯の言及

【陶磁器】より

…施文方法は高麗青磁から受け継いだ印花文,象嵌文が行われ,搔落し(かきおとし),線刻,鉄絵とつづき,刷毛目,粉引へと発達した。印花は日本では三島手と呼ばれるものであり,鉄絵は鶏竜山窯が名高い。軟らかな陶胎の上に,力強い線で魚文や唐草文をさっと描いた鶏竜山窯の鉄絵は,日本人にも愛玩され,やがてその技法は日本の絵唐津へ受け継がれることになる。…

【三島】より

…李朝は,国初から全国の窯を整備し,《世宗実録地理志》には,磁器所136ヵ所,陶器所186ヵ所が記され,三島,刷毛目などは各地で生産されていたことがわかる。忠清南道の鶏竜山窯はその精緻な技法で名高い。最盛期は15世紀といわれ,16世紀になると,白土で表面を覆ったものが多くなり,16世紀末の文禄・慶長の役以後,半島南部の三島,刷毛目を焼いた窯の多くは,白磁窯に転じていった。…

【李朝美術】より

…粉青沙器はともに灰色や灰黒色の胎土に白泥を塗布して,その上から透明釉を施したものであるが,刷毛目は白泥を刷毛で塗ったもので,刷毛を使わずに白土の泥漿(でいしよう)にひたして白化粧掛をしたものは粉引と呼んでいる。これらは15世紀を最盛期に,主として南部地方でつくられたが,特に忠清南道の鶏竜山(けいりゆうざん)窯が優れた作行(さくゆき)を示して有名である。 前期には粉青沙器とは別に,中国の元・明初の白磁や青花の影響によって白磁が焼造されている。…

※「鶏竜山窯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鶏竜山窯の関連キーワード大田大韓民国忠清南道平百済塔温陽温泉保寧市滋賀県野洲市冨波乙奈良県奈良市山陵町五方・五部忠清道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone