コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢清七 つるざわせいしち

世界大百科事典 第2版の解説

つるざわせいしち【鶴沢清七】

義太夫節の三味線演奏者。(1)初世(1748‐1826∥寛延1‐文政9) 鶴沢文蔵(2世鶴沢友次郎)門下で初名鶴沢清二郎。通称松屋。引退後3世鶴沢友次郎を襲名。現在使用されている三味線の(奏法譜)のもととなる譜を,野崎検校門弟信都(のぶいち)の《律呂三十六声麓の塵》の影響下に創案し,後世の三味線方から崇拝されている。1781年(天明1)の《儀太夫節合控張》ほか6冊が最初の朱の例である。(2)2世(?‐1840(天保11)) 初世門下で,前名勝治郎。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴沢清七
つるざわせいしち

義太夫(ぎだゆう)節の三味線。初世(1748―1826)は2世鶴沢友次郎の門弟清二郎で、1782年(天明2)に清七と改名した。俗に松屋清七とよび、三味線の楽譜「朱(しゅ)」を発明したと伝えられている。1808年(文化5)ごろに引退し、3世鶴沢友次郎を継いだ。2世(?―1840)は豊竹巴太夫(とよたけともえだゆう)を弾いて艶物(つやもの)に名を上げ、また3世(?―1856)は、幕末の名人竹本長門太夫(ながとだゆう)の相三味線を長く勤めた。なお、健腕家として昭和初期に活躍した4世鶴沢綱造(1882―1957)は、6世清七(1852―1920)の実子である。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鶴沢清七の言及

【朱】より

…浄瑠璃本などに朱で記入するところから発した名称。古来,種々の記譜法があったが,現在,一般に使用されているのは鶴沢清七が1781年(天明1)に創案したのを,幕末ごろ改めたもの。三味線の勘所(かんどころ)(左手の指でおさえる場所)を速記しやすい変体仮名で表し,補助符号,略符などを併用する。…

※「鶴沢清七」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鶴沢清七の関連キーワード鶴沢 綱造(4代目)鶴沢 重造(2代目)鶴沢 清七(4代目)鶴沢友次郎(3代)鶴沢友次郎(4代)鶴沢清七(5代)鶴沢清七(初代)鶴沢文蔵(1世)鶴沢清六(初代)鶴沢清七(3代)鶴沢文蔵(3代)鶴沢清七(3世)鶴沢綱造(4代)鶴沢蟻鳳(4代)鶴沢清七(6代)鶴沢清七(4代)鶴沢清七(2代)竹本 摂津大掾竹本摂津大掾竹本越路太夫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android