コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢友次郎 つるざわともじろう

世界大百科事典 第2版の解説

つるざわともじろう【鶴沢友次郎】

義太夫節の三味線演奏者。鶴沢姓の祖。歴代名人が多い。(1)初世(?‐1749(寛延2)) 前名三二。初世,2世竹本政太夫豊竹筑前少掾らを弾き,西風の三味線を確立。(2)2世(?‐1804(文化1)) 前名鶴沢文蔵。生粋の竹本座の演奏家で,《本朝廿四孝》《妹背山婦女庭訓》などの初演の三味線を弾いた。(3)3世 初世鶴沢清七の後名。(4)4世(?‐1862(文久2)) 前名2世伝吉。通称籠島屋。(5)5世(1815‐95∥文化12‐明治28) 前名3世伝吉。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴沢友次郎
つるざわともじろう

義太夫(ぎだゆう)節の三味線。鶴沢派の宗家名。初世(?―1749)は前名を三二(さんじ)といった盲目の検校(けんぎょう)で、1714年(正徳4)竹本座の『相模入道千疋犬』(さがみにゅうどうせんびきいぬ)が初舞台という。20年(享保5)に友次郎と改名し、竹本播磨少掾(はりまのしょうじょう)らを弾いた。2世(?―1807)の前名は鶴沢文蔵で、三味線の地位を高めた名人。『妹背山婦女庭訓』(いもせやまおんなていきん)のほか数多くの作曲を残した。3世(1748―1826)を継いだのは、朱(しゅ)(三味線の楽譜)を発明した鶴沢清七(せいしち)である。建仁寺町(けんにんじまち)を通称とした5世(1814―95)は、全国に名をとどろかせた名人で、5世野沢喜八郎を名のったこともある。6世(1874―1951)は1940年(昭和15)に引退するまで、3世竹本津太夫の相三味線として、重厚な西風(にしふう)の三味線を弾いた。[倉田喜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鶴沢友次郎の関連キーワード野沢 喜八郎(9代目)鶴沢 友次郎(6代目)竹本 綾瀬太夫(初代)野沢 喜八郎(7代目)豊沢 松太郎(1代目)鶴沢 燕三(5代目)豊沢 松太郎(初代)鶴沢友次郎(2代)鶴沢友次郎(6世)鶴沢友次郎(初代)鶴沢友次郎(4代)鶴沢友次郎(5代)鶴沢清七(初代)鶴沢蟻鳳(初代)鶴沢燕三(5代)鶴沢文蔵(初代)鶴沢清七(1世)鶴沢清七(3代)鶴沢燕三(5世)鶴沢道八(1世)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android