コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴賀新内(2世) つるがしんない[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴賀新内(2世)
つるがしんない[にせい]

[生]延享4(1747).
[没]文化7(1810).7. 江戸
新内節太夫。初名加賀歳(かがとし)。前名若歳新内。1世鶴賀若狭掾高弟。目が不自由だった。鼻にかかった声と独特の節回しで人気を得,それによって,鶴賀節の名に代わって新内節の呼称が一般化した。鶴賀の家元から分かれて新内家を立て,新内家では 1世とされる。『藤かづら』『白玉お半』などを作曲。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鶴賀新内(2世)の関連キーワードアフマド・シャー・ドゥッラーニーヘンミ竹田出雲(初代)桃園天皇ドゥラーニー朝桂川甫筑ベロット桃園天皇レオポルト1世中止命令と勧告

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android