コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴賀新内(2世) つるがしんない[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴賀新内(2世)
つるがしんない[にせい]

[生]延享4(1747).
[没]文化7(1810).7. 江戸
新内節の太夫。初名加賀歳(かがとし)。前名若歳新内。1世鶴賀若狭掾の高弟。目が不自由だった。鼻にかかった声と独特の節回しで人気を得,それによって,鶴賀節の名に代わって新内節の呼称が一般化した。鶴賀の家元から分かれて新内家を立て,新内家では 1世とされる。『藤かづら』『白玉お半』などを作曲。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鶴賀新内(2世)の関連キーワード竹田出雲(初代)桃園天皇桂川甫筑中止命令と勧告会田安明小川破笠源琦高知城五元集サンスーシ宮殿

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone