コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹架沼 たかほこぬま

3件 の用語解説(鷹架沼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鷹架沼
たかほこぬま

青森県東部,下北半島南東部の六ヶ所村にある潟湖 (→ ) 群の1つ。北に尾駮 (おぶち) 沼,南に市柳沼,田面木 (たもぎ) 沼などがあり,湖沼群を形成している。太平洋に注いでいた河川が,沿岸州によってせきとめられてできた湖。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかほこ‐ぬま【鷹架沼】

青森県、下北半島の付け根にある海跡湖。周囲22キロメートル、面積5.7平方キロメートル、水深7メートル。ガン・カモ類の重要生息地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷹架沼
たかほこぬま

青森県東部、下北(しもきた)半島南部にある潟湖(せきこ)。上北(かみきた)郡六ヶ所(ろっかしょ)村に属す。面積5.9平方キロメートル。周囲20キロメートル、最深部7.0メートル。室(むろ)ノ久保川や戸鎖(とぐさり)川が河口付近で砂丘によってせき止められたものである。東西に長く、東端はむつ小川原港を経て太平洋に通じる。中央部の防潮堤(国道338号新鷹架橋)により西側は淡水化されている。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷹架沼の関連キーワード下北六ヶ所村立郷土館青森県上北郡六ヶ所村尾駮青森県上北郡青森県上北郡六ヶ所村倉内青森県上北郡六ヶ所村鷹架青森県上北郡六ヶ所村出戸青森県上北郡六ヶ所村泊青森県上北郡六ヶ所村平沼青森県上北郡六ヶ所村

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鷹架沼の関連情報