鷹架沼(読み)たかほこぬま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鷹架沼
たかほこぬま

青森県東部,下北半島南東部の六ヶ所村にある潟湖 (→ ) の1つ。北に尾駮 (おぶち) ,南に市柳沼,田面木 (たもぎ) 沼などがあり,沼群を形成している。太平洋に注いでいた河川が,沿岸州によってせきとめられてできた湖。面積 5.7km2周囲 22km。最大水深 7m。付近はむつ小川原開発の指定区域になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たかほこ‐ぬま【鷹架沼】

青森県、下北半島の付け根にある海跡湖。周囲22キロメートル、面積5.7平方キロメートル、水深7メートル。ガン・カモ類の重要生息地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷹架沼
たかほこぬま

青森県東部、下北(しもきた)半島南部にある潟湖(せきこ)。上北(かみきた)郡六ヶ所村(ろっかしょむら)に属す。面積5.9平方キロメートル。周囲20キロメートル、最深部7.0メートル。室(むろ)ノ久保川や戸鎖(とぐさり)川が河口付近で砂丘によってせき止められたものである。東西に長く、東端はむつ小川原港を経て太平洋に通じる。中央部の防潮堤(国道338号新鷹架橋)により西側は淡水化されている。

[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる