コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾駮沼 おぶちぬま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾駮沼
おぶちぬま

青森県東部,下北半島南東部,六ヶ所村にある小川原湖沼群の1つ。面積 3.6km2。かつて三本木原の台地を開析し,東流して太平洋に注いでいた河川が波浪や偏東風によって河口付近でせきとめられて生じた堰止湖である。周囲の台地は放牧地。村域内に散在する湖沼群の最北端に位置し,この南に鷹架 (たかほこ) 沼・市柳沼・田面木 (たもぎ) 沼と続き,その南に小川原湖がある。太平洋とつながり海水が流入する汽水湖ニシンがとれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾駮沼
おぶちぬま

青森県北東部、上北郡六ヶ所村にある小川原(おがわら)湖沼群の一つ。海流によって運ばれた砂が溺れ谷(おぼれだに)をせき止めてできたもの。面積3.7平方キロメートル、周囲13.5キロメートル、水深4メートル。東部の太平洋寄りは砂浜で、一部が海につながっているためアサリ、カキ、カレイ、ボラ、イワシなどがとれる。「むつ小川原開発」地域に含まれ、大規模な港湾工事が進められている。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

尾駮沼の関連キーワード六ヶ所(村)三本木原偏東風横山東流波浪

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android