コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿北[町] かほく

百科事典マイペディアの解説

鹿北[町]【かほく】

熊本県北部,鹿本(かもと)郡の旧町。筑肥(ちくひ)山地を境に福岡県に接し,国道3号線が通じる。大部分山地で,スギ材を産し製材を行う。米,スイカ,野菜,クリ,茶栽培も盛んで,鹿北茶の名で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かほく【鹿北[町]】

熊本県北部,鹿本(かもと)郡の町。1963年町制。人口5465(1995)。北は福岡県,南は山鹿市に接する。全域が筑肥山地の山々で占められ,中央部を菊池川支流の岩野川が流れる。基幹産業は農林業で,杉,ヒノキの良材を産するほか,米,栗,茶,シイタケなどの生産が盛ん。特に茶は江戸初期から栽培が始められたといわれ,〈鹿北茶〉の名で知られる。国道3号線が通じる。【松橋 公治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android