コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿追[町] しかおい

世界大百科事典 第2版の解説

しかおい【鹿追[町]】

北海道中南部,十勝支庁河東(かとう)郡の町。人口6089(1995)。町名はアイヌ語の〈クテクウシ(鹿を追う)〉を訳したものといわれる。十勝川の支流然別(しかりべつ)川が町を北から南に貫流する。基幹産業は農業で,農業就業者が全就業者の約4割(1990)を占めている。農地は南部の標高200~400mの台地に広がり,畑作と酪農が農業経営の中心で,主要畑作物としては,テンサイ,豆類,ジャガイモ,小麦などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android