コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒焼 くろやき

3件 の用語解説(黒焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒焼
くろやき

薬用として動植物を黒く蒸焼きにしたもの。日本では寛政年間 (1789~1801) 頃から行われた民間薬で,その薬効については疑問のものが多い。一例を示せば,子供の百日咳にはツルの足焼,婦人の乳房の傷にはコイの黒焼,夫婦の和合にはイモリの黒焼,咳にはナシの黒焼といったようなもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くろ‐やき【黒焼(き)】

動植物を土器に入れて蒸し焼きにし、炭化させたもの。漢方薬などの製法の一。「イモリの黒焼き

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒焼
くろやき

薬用を目的として動植物を蒸し焼きにしたもので、「霜(そう)」ともよばれる。黒焼にされるものは多種にわたり、草根木皮のほか、哺乳(ほにゅう)類、鳥類、爬虫(はちゅう)類、昆虫類などが多い。黒焼にする方法は、一般には専用の甕(かめ)、あるいはほうろう容器を用い、蓋(ふた)をしたのちに合わせ目を封じ、炭火などで焼く。大量に処理する場合もこの原理で行われる。簡便法として、ぬらした和紙にくるんで炉火の灰中に埋めておくこともある。黒焼の利用方法は、室町時代に中国からもたらされたといわれており、江戸時代にわが国で独自に発展し、漢方医はもとより、民間療法にも多く用いられた。現在しばしば用いられている黒焼には、次のようなものがある。
 鹿角霜(ろっかくそう)=シカの角(つの)の黒焼。熱を散じて血を巡らす作用があり、各種の腫(は)れ物に用いる。乱髪霜(らんぱつそう)=人髪の黒焼。主として止血薬として衄血(じくけつ)(鼻出血)、月経過多などに用いる。猿頭霜(えんとうそう)=サルの頭の黒焼。精神不安、ヒステリーなどに用いる。土竜霜(どりゅうそう)=モグラの黒焼。興奮、強壮、解毒の効があるとされる。反鼻霜(はんびそう)=いわゆるマムシの黒焼。強壮、排膿(はいのう)、肉芽組織形成促進などの効があり、虚弱体質者の化膿性疾患に用いる。イナゴの黒焼=小児の夜泣きに用いる。ナスビのへたの黒焼=焼き塩少量と混合して歯痛時に塗擦する。黄柏(おうばく)(キハダ)の黒焼=ごま油で練って火傷(やけど)に、酢で練って捻挫(ねんざ)に用いる。
 また、黒焼を配合した漢方処方に伯州散(はくしゅうさん)がある。これは津蟹霜(しんかいそう)(サワガニの黒焼)、反鼻霜、および鹿角霜を等分に処方したもので、とくに慢性あるいは亜急性の化膿疾患に内服薬として用いる。[難波恒雄・御影雅幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒焼の関連キーワードオーブン本草叉焼棒鮨蒸し焼き・蒸焼き薬用酵母蒸焼水産動植物の種苗木の芽焼き焙烙焼き

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒焼の関連情報