黒田チカ(読み)くろだ チカ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田チカ くろだ-チカ

1884-1968 大正-昭和時代の化学者。
明治17年3月24日生まれ。真島利行(りこう)にまなび,植物色素を研究。大正7年東京女高師(現お茶の水女子大)教授。昭和4年日本で2番めの女性理学博士。紅花(べにばな)の色素カーサミンの構造を決定し,11年日本化学会第1回真島賞を受賞。昭和43年11月8日死去。84歳。佐賀県出身。東北帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒田チカの関連情報