コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田チカ くろだ チカ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田チカ くろだ-チカ

1884-1968 大正-昭和時代の化学者。
明治17年3月24日生まれ。真島利行(りこう)にまなび,植物色素を研究。大正7年東京女高師(現お茶の水女子大)教授。昭和4年日本で2番めの女性理学博士。紅花(べにばな)の色素カーサミンの構造を決定し,11年日本化学会第1回真島賞を受賞。昭和43年11月8日死去。84歳。佐賀県出身。東北帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

黒田チカの関連キーワード黒田 チカ丹下ウメ昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒田チカの関連情報