黒髪山(読み)クロカミヤマ

  • (通称)

デジタル大辞泉の解説

栃木県日光市にある男体(なんたい)山別称とも、奈良市北端の佐保山に続く丘陵地などともいう。[歌枕
佐賀県西南部にある山。武雄市と西松浦郡有田町の境に位置する。標高516メートル。古くから山岳信仰の山として知られ、山頂に黒髪神社がある。山の北側、雄岩・雌岩の奇岩がある付近は肥前(ひぜん)耶馬渓(やばけい)と呼ばれる景勝地。カネコシダが自生し、国指定の天然記念物になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

栃木県日光市にある男体山の別名とも、奈良市奈良丘陵に続く山地ともいう。歌枕 ぬばたまの-を朝越えて山下露やましたつゆに濡れにけるかも/万葉集 1241

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域遺産の解説

(岡山県新見市新見)
新見癒やしの名勝遺産」指定の地域遺産。
標高647m。山中の青龍寺の観音堂は新見市指定重要文化財。1924(大正13)年植物学者故牧野富太郎によってアテツマンサク(新見市指定天然記念物)が発見・命名された原木がある

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

栃木県日光市にある男体(なんたい)山の別称。〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
けいせい黒髪山
初演
享保11.1(京・嵐十次郎座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android