黒髪山(読み)くろかみやま

デジタル大辞泉の解説

くろかみ‐やま【黒髪山】

栃木県日光市にある男体(なんたい)山別称とも、奈良市北端の佐保山に続く丘陵地などともいう。[歌枕
佐賀県西南部にある山。武雄市と西松浦郡有田町の境に位置する。標高516メートル。古くから山岳信仰の山として知られ、山頂に黒髪神社がある。山の北側、雄岩・雌岩の奇岩がある付近は肥前(ひぜん)耶馬渓(やばけい)と呼ばれる景勝地。カネコシダが自生し、国指定の天然記念物になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろかみやま【黒髪山】

栃木県日光市にある男体山の別名とも、奈良市奈良丘陵に続く山地ともいう。⦅歌枕⦆ 「ぬばたまの-を朝越えて山下露やましたつゆに濡れにけるかも/万葉集 1241

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕黒髪山(くろかみざん)


佐賀県西部、武雄(たけお)市と西松浦(にしまつうら)郡有田(ありた)町の境にある古い火山。標高516m。浸食が進んで巨岩が露出し、ロッククライミングの名所となる。国天然記念物カネコシダほか植物種も豊富。一帯は黒髪山県立自然公園林野庁自然休養林に指定されている。「くろかみやま」とも読む。

〔佐賀県〕黒髪山(くろかみやま)


黒髪山(くろかみざん)

〔栃木県〕黒髪山(くろかみやま)


男体山(なんたいさん)

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒髪山の関連情報