コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼈甲斎虎丸 べっこうさいとらまる

2件 の用語解説(鼈甲斎虎丸の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

べっこうさいとらまる【鼈甲斎虎丸】

浪曲家。(1)初代(?‐1893(明治26)) 本名伊藤平吉。伊勢四日市の人。吉川竹丸,竹丸の弟子定吉,吉川辰丸などのもとで修業し,養家の家業鼈甲屋にちなんで亭号とした。美声と人品の良さで売り出し,《伊達(だて)騒動》《荒木又右衛門》等を得意とした。(2)2代(1878‐1950∥明治11‐昭和25) 初代門下。吉之助から襲名。のち吉右衛門に3代目を譲って初代鶴堂(かくどう)となった。《村井長庵》《安中草三(あんなかそうざ)》が得意。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鼈甲斎虎丸
べっこうさいとらまる
(1885―1938)

浪曲師。3代目。本名荒井正三郎。東京生まれ。初代、2代の虎丸はともに三重県四日市(よっかいち)出身、伊勢祭文(いせさいもん)からの浪花節(なにわぶし)転向組で、東京・浅草に寄席(よせ)を建てながらいまひとつ人気がなかった。芝居の経験もある前名吉右衛門(きちえもん)が3代目を襲名して独得な語り口をくふうし、『安中草三郎(あんなかそうざぶろう)』を口演して人気を高め、原作者が三遊亭円朝であることも忘れられ、「虎丸の安中か、安中の虎丸か」とまでうたわれて一世を風靡(ふうび)した。現5代(1903― )は、初代梅原秀夫が名跡を継いでいる。[秩父久方]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鼈甲斎虎丸の関連キーワード口演東武蔵(初代)東家楽燕木村重松(初代)木村友衛(初代)京山小円(初代)京山若丸末広亭辰丸(2代)天中軒雲月(初代)浪花亭愛造(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone