コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関取千両幟 セキトリセンリョウノボリ

世界大百科事典 第2版の解説

せきとりせんりょうのぼり【関取千両幟】

人形浄瑠璃。世話物。9段。近松半二三好松洛竹田文吉竹田小出雲八民平七,竹本三郎兵衛合作。1767年(明和4)8月大坂竹本座初演。通称《千両幟》。当時大坂で人気のあった力士,稲川,千田川をモデルにした相撲物。ひいきの若旦那礼三郎が遊女錦木を身請けするための不足金二百両を用立てしなければならなくなった力士岩川は,恋敵側のひいき力士鉄ヶ嶽との勝負に負けて若旦那の思いを果たさせようとする。土俵上の勝負の最中に〈二百両進上ひいきより〉の声がかかり,岩川は気をとり直して鉄ヶ嶽を倒す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せきとりせんりょうのぼり【関取千両幟】

人形浄瑠璃。世話物。近松半二・三好松洛・竹本三郎兵衛ら作。1767年初演。力士岩川が恩ある鶴屋の若旦那礼三郎が遊女錦木を身請けするのに尽力し、悪浪人九平太の後ろ盾鉄ヶ嶽と達引たてひきを演じる筋。二段目の「岩川内」の場が有名。新内・宮薗節・常磐津節にも曲がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関取千両幟
せきとりせんりょうのぼり

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。9段。通称「千両幟」。近松半二(はんじ)・三好松洛(みよししょうらく)・竹田文吉・竹田小出雲(こいずも)・八民(やたみ)平七・竹本三郎兵衛合作。1767年(明和4)8月大坂・竹本座初演。当時大坂で人気のあった力士稲川と千田川をモデルにした相撲(すもう)物で、うち二段目の「岩川(歌舞伎(かぶき)では稲川)内」と「相撲場」が今日でも上演される。力士岩川は、恩ある鶴屋の若旦那(わかだんな)礼三郎が遊女錦木(にしきぎ)を身請けする200両を調達するため、恋敵(こいがたき)九平太の後ろ盾鉄ヶ嶽(てつがたけ)との取り組みに勝ちを譲ろうとするが、女房おとわはこれを知り、身を売って金をつくる。土俵上の取り組みの最中、「二百両進上、ひいきより」の声がかかり、岩川は勇躍して鉄ヶ嶽を倒す、という筋。おとわが夫の髪を梳(す)きながら、その悩みを慰めようとする「髪梳き」の情緒的なクドキが知られる。なお、改作に翌年初演の八民平七・並木正三(しょうざ)合作の『関取二代勝負附(せきとりにだいしょうぶづけ)』がある。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の関取千両幟の言及

【相撲物】より

…江戸時代の娯楽生活に大きな一画を占める角界と相撲取りをモデルとして,人気俳優に演じさせることは興行政策上にも有利であったところから,多くの相撲狂言が現れた。浄瑠璃では1725年(享保10)1月大坂豊竹座初演の《昔米万石通(むかしごめまんごくどおし)》(西沢一風,田中千柳作)が知られ,これを粉本とした《双蝶々曲輪日記(ふたつちようちようくるわにつき)》(1749年7月大坂竹本座),また《関取千両幟》(1767年8月竹本座),《関取二代勝負附(せきとりにだいのしようぶづけ)》(1768年9月大坂亀谷芝居)などがある。歌舞伎では《浪花曙烏(なにわのあけぼのちぶみのからす)》(雷電源八の喧嘩。…

※「関取千両幟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関取千両幟の関連キーワード張り込み・張込み・貼り込み鼈甲斎 虎丸(初代)おもな講談の演目気味合い・気味合鶴沢寛治(4代)竹沢弥七(7世)稲川政右衛門喜味家たまご人形浄瑠璃おしゃますしゃなぐる竹田出雲鶴沢寛治常磐津節びこびこ意地無地爪の長いさいな宮薗節下ある

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android