コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼎の軽重を問う カナエノケイチョウヲトウ

デジタル大辞泉の解説

鼎(かなえ)の軽重(けいちょう)を問・う

荘王が、を軽んじ、周室に伝わる宝器である九鼎(きゅうてい)の大小軽重を問うたという「春秋左伝」宣公三年の故事から》統治者を軽んじ、これを滅ぼして天下を取ろうとする。権威ある人の能力・力量を疑い、その地位から落とそうとする。「会長として―・われる」
[補説]この句の場合、「軽重」を「けいじゅう」と読むのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かなえのけいちょうをとう【鼎の軽重を問う】

〔「左氏伝宣公三年」より。晋の景公を破って心のおごった楚の荘王が、無礼にも周の宝器たる九鼎の大小・軽重を問うた故事による〕
統治者を軽んじ、これを滅ぼして天下を取ろうとする。人の実力を疑って、その地位をくつがえそうとする。また、人の能力を疑う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鼎の軽重を問う
かなえのけいちょうをとう

統治者を軽んじ、これを滅ぼして天下をとろうとすること、転じて、人の実力を疑ってその地位から追い落とそうとすることもいう。は、古代中国で食物を煮るのに用いた両耳のついた三足の青銅器であるが、宗廟(そうびょう)、社稷(しゃしょく)、会盟の礼器として用いられ、王位、帝業の象徴ともされた。周王朝が衰退して一小国化した定王のとき、諸公の一人楚(そ)の荘(そう)王が、晋(しん)の景公を破った勢いで天下をうかがい、定王の使者に王位の印たる九鼎(きゅうてい)の大小、軽重を尋ねたのに対し、「王位は徳にあって鼎にあるのではない。周の徳は衰えたものの天命はまだ改まっていないので、鼎の軽重はまだ問われるべきではない」と答えた、と伝える『左伝』「宣公三年」の故事による。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例