コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘王 ソウオウ

3件 の用語解説(荘王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐おう〔サウワウ〕【荘王】

[?~前591]中国、春秋時代楚(そ)の王。在位、前614~前591。春秋五覇の一人。名は侶。前597年、の景公を破って覇者となった。王の使者に鼎(かなえ)の軽重を問うた逸話は有名。→鼎の軽重を問う

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうおう【荘王】

?~前591) 中国、春秋戦国時代の楚の王。名は侶りよ。北上して晋しんを破り、春秋五覇の一人とされる。 → かなえの軽重を問う

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荘王
そうおう
(?―前591)

中国、春秋時代の楚(そ)の王(在位前613~前591)。湖北を勢力圏とする楚は、前7世紀ごろから中原(ちゅうげん)に進出し始めた。山東の斉(せい)や山西の晋(しん)によって、楚の中原進出は阻まれる。荘王は県による地方掌握を進展させ、中原を圧迫し、後世覇者と称された。前606年、荘王は洛陽(らくよう)の近くで武威を誇示した。その際、周王室の鼎(かなえ)の軽重を問うたという。楚を評価する者はこれを快挙ととらえ、批判する者は皮肉を述べる。『左伝』に紹介されたこの説話では、鼎は王の徳を議論すべきものであるとし、まだ周の徳は衰えていないとする。軽重を問うたのはお門違いだという評価を示している。前597年、鄭(てい)の救援に出動した晋を大破した(ひつ)の戦いも、荘王の名を高めている。荘王は、一度県にした陳を回復したり、食糧に窮した宋(そう)の囲みを解くなどしており、『史記』ではこれを道徳的に評価しているが、一面、文化伝統が異なる中原の地は、掌握することが困難であったことを示している。[平勢隆郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の荘王の言及

【春秋戦国時代】より

…こののち華北では晋が覇者の地位を保っていたが,南の楚が勢力を増し,北上の力を強め,鄭などをその傘下に入れるに至った。前606年には楚の荘王(在位,前613‐前591)は洛陽の南の蛮族を討ち,周の国境近くで観兵式を行って力を誇示し,周王の使者に対して,王位の象徴として王室に伝えられた九鼎の軽重を問い,これを楚に移して王位を譲ることを暗に求めたといわれる。これ以後,歴史は楚を中心とする南と,晋を中心とする北との対立の形勢となり,両強国の間にあった諸国は,2国の抗争に巻き込まれ,戦いに明け暮れた。…

※「荘王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荘王の関連キーワード晏嬰闔閭春秋時代穆公和氏の璧春秋十二列国鍾子期有若子有老莱子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone